広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1506250 科目区分 専門教育科目
授業科目名 粘膜免疫学演習
授業科目名
(フリガナ)
ネンマクメンエキガクエンシュウ
英文授業科目名 Advanced Course of Mucosal Immunology in the class room
担当教員名 高橋 一郎
担当教員名
(フリガナ)
タカハシ イチロウ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 金7-8
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
歯科医学に関連した未解決の課題に対して免疫学研究の果たすべき役割について、また味覚や咀嚼などの口腔固有の機能と生体防御機構としての免疫との連関について、少人数でじっくり考えてみたいと思います。 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 歯学部歯学科3年生
授業のキーワード 口腔免疫、粘膜免疫、味覚応答に起因する免疫、咀嚼に起因する免疫、免疫寛容 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(能力・技能)
・生命科学、材料学、社会歯科学に関する実験を行うために必要な基本的技能 
授業の目標・概要等 免疫学研究に託されたミッションは、感染症・がん・アレルギー・その他の免疫難病の克服と生体の恒常性を増強・維持することにありますが、本演習ではこのような免疫学の果たすべき役割・可能性を、細胞レベル・分子レベルで理解することをめざします. 
授業計画 自然免疫に関する演習(高橋)
獲得免疫に関する演習(高橋)
粘膜免疫に関する演習(高橋)
感染免疫に関する演習(高橋)
がん免疫に関する演習(高橋)
金属アレルギーに関する演習(高橋)
免疫制御に関する演習(高橋)
口腔免疫に関連した演習(高橋)

参加学生による口頭発表や質疑応答を随時実施したい 
教科書・参考書等 Janeway's Immunobiology, 9th edition, Garland Science
 
授業で使用する
メディア・機器等
推薦教科書に加え、粘膜免疫、粘膜ワクチンなどに関する論文を使用する予定。 
予習・復習への
アドバイス
免疫学的な思考法・課題解決法を身につける機会になれば幸いです。
臨床に直結した免疫学研究の奥深さにふれる機会になれば幸いです。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 口頭発表などを参考にして評価する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ