広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1506150 科目区分 専門教育科目
授業科目名 口腔機能修復学特論
授業科目名
(フリガナ)
コウクウキノウシュウフクガクトクロン
英文授業科目名 Advanced Course in Functional and Regenerative Oral Medicine
担当教員名 津賀 一弘,土屋 志津,吉川 峰加,鈴木 茂樹,柴 秀樹,本山 直世,安部倉 仁,呉本 晃一
担当教員名
(フリガナ)
ツガ カズヒロ,ツチヤ シヅ,ヨシカワ ミネカ,スズキ シゲキ,シバ ヒデキ,モトヤマ ナオヨ,アベクラ ヒトシ,クレモト コウイチ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 火9-10:歯第1講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義と演習、ディスカッション、学生の発表あり。 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 3年次生
授業のキーワード 接着歯学,再生医療,顎関節症,高齢者歯科学,部分床義歯学 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(能力・技能)
・口腔・顎顔面領域の疾患の予防・診察・検査・診断・治療を行うために必要な基本的技能 
授業の目標・概要等  歯牙硬組織疾患および歯牙欠損に起因する口腔機能障害の診断と修復・補綴治療に関する基礎的・臨床的事項の検討を行う。そして,口腔機能回復のために総合的にアプローチし,治療の基礎となる生体医用材料学との総合評価を行い,実践的かつ効果的な口腔機能回復のための理解を目指す。 
授業計画 第1回 症例検討・グループ討論1(吉川)
第2回 症例検討:小武家
第3回 TMDの保存療法(安部倉)
第4回 症例検討・グループ討論2(吉川)
第5回 症例検討:進藤
第6回 前歯部審美修復治療の基本的な進め方(呉本)        
第7回 接着ブリッジ(安部倉)
第8回 試験(安部倉)

筆記試験およびレポート提出

約45名を対象として集中講義とグループ討論を行う。
 具体的には,クリニカルシナリオ,口腔内写真,研究用模型,X線写真などの資料をもとに問題提起し,症例における問題点や治療方針についてグループ討論による問題解決型学習(PBL)を行い,発表する。また,症例に応じて診断から治療方針立案を行い,教科書的な基礎知識を臨床でどのように応用・展開していくのか, 討論などにより学生の意見も交えながら講義を行う。さらに、知識の修得のみならず, 立体的情報を収集してそれを再現・具現化する3次元的センスの修得にも努める。 
教科書・参考書等 別途指示する。
筆記試験を行う予定なので、配布された資料等を熟読し理解してしておくことが望まれる。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
予習以上に復習に時間をかけ、授業内容を再度確認すること。 
履修上の注意
受講条件等
全出席を前提とするので,遅刻欠席には注意すること。 
成績評価の基準等 筆記試験を行う。また,授業途中のレポート,討論の姿勢、3次元的センスなどを加味し,総合的に評価を行う。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ