広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1505060 科目区分 専門教育科目
授業科目名 歯科放射線学
授業科目名
(フリガナ)
シカホウシャセンガク
英文授業科目名 Oral Radiology
担当教員名 柿本 直也,澤尻 昌彦,末井 良和,中元 崇,小西 勝,藤田 實,大塚 昌彦
担当教員名
(フリガナ)
カキモト ナオヤ,サワジリ マサヒコ,スエイ ヨシカズ,ナカモト タカシ,コニシ マサル,フジタ ミノル,オオツカ マサヒコ
開講キャンパス 開設期 3年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 火1-2:歯第1講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 生命科学
対象学生 歯学科3年生
授業のキーワード 歯科放射線学、放射線物理、放射線生物、画像診断、放射線防護 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(知識・理解)
・歯科及び隣接医学領域の疾患の予防・診察・検査・診断・治療に関する知識 
授業の目標・概要等 歯科放射線学について理解する。歯科放射線学における画像診断学の基礎を学ぶ。 
授業計画 第1回:放射線物理(種類と性質)
第2回:放射線生物学(人体への影響)
第3回:X線フィルム、増感紙、現像
第4回:ディジタルX線検出器、X線装置、X線撮影法の原理
第5回:放射線の防護
第6回:口内法
第7回:パノラマ撮影法
第8回:口外法
第9回:US,CT,MRIの原理と特徴
第10回:核医学とIVR
第11回:X線解剖、診断法
第12回:う蝕、歯周疾患
第13回:歯の異常
第14回:顎骨の炎症
第15回:嚢胞
第16回:筆記試験 
教科書・参考書等 Oral Radiology -Principles and Interpretation- (White SC, Pharoah MJ, editors; Elsevior) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(PC) 
予習・復習への
アドバイス
教科書はもちろんのこと、多くのエックス線画像に注目するようにする 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 筆記試験 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ