広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1503070 科目区分 専門教育科目
授業科目名 組織学基礎実習
授業科目名
(フリガナ)
ソシキガクキソジッシュウ
英文授業科目名 Basic Practice of Histology
担当教員名 吉子 裕二,南崎 朋子
担当教員名
(フリガナ)
ヨシコ ユウジ,ミナミザキ トモコ
開講キャンパス 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 火5-7:歯第2実習室
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心(光学顕微鏡による観察) 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 歯学部歯学科2年生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(能力・技能)
・生命科学、材料学、社会歯科学に関する実験を行うために必要な基本的技能 
授業の目標・概要等 人体を構成する器官・組織の標本を光学顕微鏡で観察、スケッチすることにより講義で習得した組織構造と機能に関する知識を定着させることを目標とします。実習は講義と平行してプログラムされており、組織の基本構造(総論)を理解した上で、口腔領域を含む個々の組織構造と機能を学習します。一部は口腔解剖学の実習(歯型彫刻)となります。 
授業計画 第1回 総論(上皮・支持組織)
第2回 総論(骨・軟骨)
第3回 総論(筋・神経)
第4回 循環・免疫
第5回 消化器1
第6回 消化器2
第7回 呼吸器
第8回 泌尿器・内分泌
第9回 歯(研磨)
第10回 歯(脱灰)
第11回 歯周組織
第12回 歯の発生
第13回 歯型彫刻
第14回 歯型彫刻
第15回 試験・歯型彫刻 
教科書・参考書等 実習テキスト、講義資料、推薦図書(口腔組織学参照)等を必ず持参してください。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
毎回の実習テーマに先行して口腔組織学の講義が行われるようにプログラムされています。標本観察で構造と機能の理解を定着させるためには、組織の基本構造(総論)を十分に理解しておく必要があります。各論では、この基本構造を念頭にテーマごとの特徴を捉えるように努めてください。また、実習テキストは事前に配布しますので、あらかじめ観察する内容を整理しておきましょう。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 筆記試験、課題、スケッチおよびチェックリストにより総合的に評価します。 
メッセージ 参考書、講義で使用したプリントは必ず手許にそろえてきましょう。チェックリストは実習項目ごとの目標到達度を測定するのに用いますので、苦手な項目の抽出等各自有効に利用してください。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ