広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科理学療法学専攻
講義コード I4339001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 成人神経系理学療法学
授業科目名
(フリガナ)
セイジンシンケイケイリガクリョウホウガク
英文授業科目名 Adult Neurodevelopmental physical therapy
担当教員名 弓削 類,猪村 剛史,中川 慧
担当教員名
(フリガナ)
ユゲ ルイ,イムラ タケシ,ナカガワ ケイ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 火3-4:保205
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 2年次生
授業のキーワード 中枢神経障害、脳血管障害、パーキンソン病、進行性疾患に対する理学療法 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
中枢神経系障害の理学療法技術に関する知識・理解 
到達度評価
の評価項目
理学療法学プログラム
(知識・理解)
・基礎医学に関する知識・理解
・リハビリテーション医学・理学療法学に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 中枢神経障害の障害構造を理解して評価,治療について学ぶ 
授業計画 1. オリエンテーション
2. 脳卒中とは 成因とリスク
3. 脳卒中の障害構造と機能診断
4. 脳卒中の運動麻痺と筋緊張
5. 脳卒中の急性期理学療法
6. 脳卒中の回復期理学療法
7. 脳卒中の異常歩行と合併症
8. 特別講義(医師による最新治療の講義)
9. 失調症の症状と評価
10. 失調症の理学療法
11. パーキンソン病の症状と評価
12. パーキンソン病の理学療法
13. 進行性疾患に対する理学療法
  脊髄小脳変性症、多発性硬化症
14. 進行性疾患に対する理学療法
  筋萎縮性側索硬化症、等
15. 筆記試験とレポート

筆記試験・レポートがあります.

特別講義(医師による最新治療の講義)は、担当して頂く、先生のご都合により、若干日時の変更があります. 
教科書・参考書等 講義形式(講義中心;板書多用;教科書・プリント・ディスカッション・ディベート・学生の発表・講義のレジュメの有無等
使用する視聴覚教材の種類(ビデオ・DVD・スライド・パワーポイント等)
講義形式(講義・プリント・学生の発表・講義のレジュメ有)
テキスト:ゴールドマスターテキスト 中枢神経系理学療法学 柳澤 健,編(メディカルビュー) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
各回のテーマに関して、テキスト:中枢神経系理学療法学で確認、復習すること. 
履修上の注意
受講条件等
特に定めない 
成績評価の基準等 出席,授業に対する積極性,口頭発表,課題報告,試験 
メッセージ 質問やコメントがあれば,授業当日か翌日に下記E-mailに送ってください.
E-mail:ryuge@hiroshima-u.ac.jp 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ