広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科理学療法学専攻
講義コード I4154001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 臨床運動学
授業科目名
(フリガナ)
リンショウウンドウガク
英文授業科目名 Clinical Kinesiology
担当教員名 新小田 幸一,高橋 真
担当教員名
(フリガナ)
シンコダ コウイチ,タカハシ マコト
開講キャンパス 開設期 3年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 月7-8:保204
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義/演習,ディスカッション. 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 理学療法学専攻3年生
授業のキーワード 運動・動作障害,運動・動作分析 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
理学療法学プログラム
(知識・理解)
・基礎医学に関する知識・理解
・リハビリテーション医学・理学療法学に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 運動学関連の科目で学んだ知識をもとに,運動制御,姿勢制御及び疾患の特徴を運動学・運動力学との観点から学習. 
授業計画 S:新小田,T:高橋
第1回 オリエンテーション
(S+T)
運動・動作分析に必要な基礎知識,動作解析のパラメータ
(S)
第2回 筋活動,記載・分析法と分析レベル
(T)
第3回 体型・姿勢・アライメント,姿勢制御とバランス機能
(S)
第4回 筋力,関節運動,感覚・知覚/反応時間 
(T)
第5回 随意運動,筋緊張,反射・反応,協調運動
(S)
第6回 寝返り・起き上がり・座位,歩行および歩行関連動作
(S)
第7回 リーチ・摑む/放す,物品操作,リフティング,運搬
(T)
第8回 中間試験 
(S+T)
第9回 股関節,膝関節,足関節,脊柱
(T)
第10回 脳卒中後片麻痺
(S)
第11回 末梢神経障害,関節リウマチ,膠原病
(T)
第12回 運動発達障害
(T)
第13回 脊髄損傷
(S)      
第14回 進行性筋ジストロフィー,協調運動障害
(S)      
第15回 Parkinson病,老化と高次脳機能障害
(S)
第16回 期末試験 
(S+T)

定期試験(中間試験,最終試験),小テスト,レポート課題. 
教科書・参考書等 教科書  星 文彦ほか(編):標準理学療法学 専門分野 病態運動学,医学書院,2014
参考書 日本義肢装具学会(編):まんがバイオメカニクス1 & 2 南江堂,1994, 1995  
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,プレゼンテーション等. 
予習・復習への
アドバイス
第1回 本授業の概略を理解する.運動・動作の分析とパラメータを知る.
第2回 記載法分析レベルを理解する.
第3-5回 機能障害レベルを理解する.
第6-7回 機能的制限レベル,活動レベルを理解する.中間試験終了後は必ず試験内容を復習する.
第9回 代表的な運動器障害の病態と理学療法との結びつきを理解する.
第10回 脳卒中を中心とする脳血管疾患の病態と理学療法との結びつきを理解する.
第11回 関節リウマチを中心とする膠原病の病態と理学療法との結びつきを理解する.
第12回 運動発達障害の病態と理学療法との結びつきを理解する.
第13回 脊髄の病態と理学療法との結びつきを理解する.
第14回  筋原性疾患筋原性疾患,協調運動障害の病態と理学療法との結びつきを理解すの病態と理学療法との結びつきを理解する.
第15 回 Parkinson病,高次脳機能障害 の病態と理学療法との結びつきを理解する.
第15回 脳性麻痺等の小児疾患・発達障害の運動障害を学び,それらの評価と理学療法治療法との結びつきを理解する.
第16回 期末試験を実施する.終了後は必ず試験内容を復習し,その後の第1期臨床実習に備える. 
履修上の注意
受講条件等
・定期試験はそれまでの出席回数が2/3以上の者のみ受験資格を有す.
・やむを得ない理由による授業欠席,定期試験受験欠席のときは,必ず連絡のうえ必要な書類を提出し,許可を得る. 
成績評価の基準等 定期試験と小テストの成績,授業態度,レポート等の提出物(内容,期限遵守を含む)等を総合して決定. 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ