広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科理学療法学専攻
講義コード I4152001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 基礎理学療法学
授業科目名
(フリガナ)
キソリガクリョウホウガク
英文授業科目名 Basic Physical Therapy
担当教員名 弓削 類,猪村 剛史,中川 慧
担当教員名
(フリガナ)
ユゲ ルイ,イムラ タケシ,ナカガワ ケイ
開講キャンパス 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 水5-6:保204
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、資料配付、板書使用、体験実習 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 2年次生
授業のキーワード 理学療法の基礎、病態解析、分子細胞生物学、筋、骨、軟骨、神経の病態と修復・再生 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
理学療法での臨床病因と病態に関する知識・理解 
到達度評価
の評価項目
理学療法学プログラム
(知識・理解)
・基礎医学に関する知識・理解
・リハビリテーション医学・理学療法学に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 臨床理学療法で対象となる疾患の病態を理解し、基礎知識・トピックから科学としての理学療法学を考える 
授業計画 オリエンテーション
筋の修復と再生のメカニズム
筋の修復と再生のメカニズム
筋原性疾患および筋萎縮の回復
筋原性疾患および筋萎縮の回復
骨の病態と修復過程
骨の病態と修復過程
軟骨の病態と修復過程
軟骨の病態と修復過程
神経の病態と修復過程
神経の病態と修復過程
生の筋線維、骨、心臓、脳をみる
生の筋線維、骨、心臓、脳をみる
生の筋線維、骨、心臓、脳をみる
試験,レポート

試験は最終日に行います.またレポート課題を出します. 
教科書・参考書等 講義形式(講義中心;板書多用;教科書・プリント・ディスカッション・講義のレジュメの有無等)
使用する視聴覚教材の種類(ビデオ・DVD・スライド・パワーポイント等)
講義のレジュメ有
テキスト:標準理学療法学 専門分野 基礎理学療法学  奈良勲,他編 医学書院 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
1.解剖学、生理学での筋の基礎知識を予習、復習する
2.筋損傷の修復と再生のメカニズムを調べる
3.筋ジストロフィー症などの筋原性疾患に関して調べる
4.骨の解剖学的知識の整理と骨折の治癒過程を調べる
5.軟骨の解剖学的知識の整理と損傷後の治癒過程を調べる
6.神経の解剖学的知識の整理と損傷後の治癒過程を調べる
7.これまでの知識を整理して、生の標本をみる 
履修上の注意
受講条件等
特になし 
成績評価の基準等 筆記試験,レポート 
メッセージ 質問やコメントがあれば,授業当日か翌日に下記E-mailに送ってください.
E-mail:ryuge@hiroshima-u.ac.jp 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ