広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3183101 科目区分 専門教育科目
授業科目名 公衆衛生看護学I
授業科目名
(フリガナ)
コウシュウエイセイカンゴガクク1
英文授業科目名 Public health Nursing
担当教員名 中谷 久恵,金藤 亜希子
担当教員名
(フリガナ)
ナカタニ ヒサエ,カネフジ アキコ
開講キャンパス 開設期 3年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 木1-4:保301
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生  
授業のキーワード 公衆衛生,保健師,保健指導技術,行政,産業 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(知識・理解)
・心身の機能と環境に基づく健康,疾病の予防,発症,治癒に関する知識・理解
・看護実践理論,看護の基本的技術と態度に関する知識・理解
・個人と家族,地域の健康問題と看護に関する知識・理解
・ヘルスケアシステムと看護職者間ならび他職種との協働に関する知識・理解
・看護倫理に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 1.公衆衛生看護を担う行政における保健師の特徴と役割を理解する。
2.保健師が行う保健指導技術と対象者への支援を理解する。
3.保健師が行う保健事業の計画策定・実施・評価について理解する。
4.保健指導や保健事業を通じた地域づくりに果たす保健師の役割を理解する。 
授業計画 第1回 公衆衛生看護での保健指導とは
第2回 公衆衛生看護における対象の理解
第3回 保健指導(1)家庭訪問
第4回 保健指導(2)健康教育
第5回 保健指導(3)健康相談
第6回 保健指導(4)健康診査 成人/高齢者保健
第7回 保健指導(5)健康診査 母子保健
第8回 保健指導(6)地域組織活動及び地域ケアシステムの構築とネットワーク化
第9回 保健活動の展開(1)高齢者虐待への支援
第10回 保健活動の展開(2)家庭訪問:結核
第11回 保健活動の展開(3)健康教育:生活習慣病予防と運動指導
第12回 保健活動の展開(4)健康診査:特定保健指導とフォローアップ
第13回 保健活動の展開(5)健康日本21と地域組織活動
第14回 保健活動の展開(6)保健活動の予算と財源
第15回 保健活動の事業化と評価:コミュニティ・アズ・パートナーモデル

期末試験(筆記)
レポート実施 
教科書・参考書等 テキスト
中村裕美子編:標準保健師講座第2巻 地域看護技術,医学書院,2017年
厚生労働統計協会:国民衛生の動向,2016/2017 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
授業の単元に該当するテキスト部分を事前に一読し予備知識をもって講義に参加すること。 
履修上の注意
受講条件等
保健師免許の取得希望者を選抜する上で重要な科目であり、この科目の成績は選抜基準に加味されます。 
成績評価の基準等 筆記試験:90%
レポート内容・提出と期限厳守10% 
メッセージ 保健師免許を希望しない場合でも公衆衛生看護の知識を習得する上で臨床看護には必須な科目ですので、助産師、看護師希望者の履修を歓迎します。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ