広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3170101 科目区分 専門教育科目
授業科目名 地域看護実習
授業科目名
(フリガナ)
チイキカンゴジッシュウ
英文授業科目名 Clinical Practicum in Community Nursing
担当教員名 中谷 久恵,大えき 美樹,金藤 亜希子
担当教員名
(フリガナ)
ナカタニ ヒサエ,オオエキ ミキ,カネフジ アキコ
開講キャンパス 開設期 4年次生   前期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
野外実習 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 看護学専攻3年生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(実践的能力・技能)
・1.根拠に基づき,看護を計画的に実践する能力の展開
・2.健康の保持増進,疾病の予防,健康の回復にかかわる実践能力の展開 
授業の目標・概要等 地域で生活する人々の健康の保持・増進、疾病の予防、疾病からの回復および社会復帰を支援する地域看護活動の実際と、制度や施策を背景にした多職種や他機関との連携について学び、地域看護職に求められる専門的知識と技術を習得する。 
授業計画 1. 産業看護実習
1)職域における安全衛生管理体制
2)職域における健康管理体制
3)職域における職員への安全衛生教育
4)産業保健師が行う事業所での保健活動
5)職員の健康レベルに応じた保健指導
6)産業保健分野における他職種連携
2. 在宅看護実習
1)訪問看護ステーションの組織・機能・活動の概要
2)在宅療養者およびその家族への支援方法の実際
3)事例を通したケアマネジメントの実際
4)多職種および多機関との連携とチームケアにおける役割分担 
教科書・参考書等 地域看護関係のテキスト, 看護法令要覧, 国民衛生の動向 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
産業看護および在宅看護に関する制度とその内容、疾患の理解、看護技術等については実習までに講義・演習の復習を行っておくこと。看護技術は正確に手技が実施できるように練習しておくこと。実習後にはまとめのレポートを提出する。 
履修上の注意
受講条件等
地域看護実習までに、臨床看護実習に関する必須科目の単位を7割以上修得している。授業科目については、3年後期までの地域看護学必修科目を最低4単位以上は習得していることとする。 
成績評価の基準等 出席状況, 実習への取り組み, 実習記録, 課題レポート 
メッセージ 実習に関する連絡事項は、もみじと看護学専攻の掲示板によって伝達する。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ