広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3153101 科目区分 専門教育科目
授業科目名 小児健康障害看護
授業科目名
(フリガナ)
ショウニケンコウショウガイカンゴ
英文授業科目名 Disease Management in Pediatric Nursing
担当教員名 祖父江 育子,竹中 和子,小澤 未緒
担当教員名
(フリガナ)
ソブエ イクコ,タケナカ カズコ,オザワ ミオ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 月3-4:保301
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表、野外実習、作業、薬品使用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 2年次生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
小児看護、小児保健にとって重要な疾患等について学び、看護実践や研究で活用できる最新の知識を、文献を利用しながら学ぶ。 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(知識・理解)
・心身の機能と環境に基づく健康,疾病の予防,発症,治癒に関する知識・理解
・看護実践理論,看護の基本的技術と態度に関する知識・理解
・個人と家族,地域の健康問題と看護に関する知識・理解
・ヘルスケアシステムと看護職者間ならび他職種との協働に関する知識・理解
・看護倫理に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 1)小児の疾患とそれに伴う治療や検査について学習する。
2)急性期疾患、慢性疾患で長期療養を要する小児、障害をもつ小児の治療と療養生活について  学習する。
3)小児の遺伝素因と環境要因との交絡による健康障害について学習する。 
授業計画 第1回 人類遺伝学 (祖父江)
第2回 胎児・新生児の脳発達とディベロプメンタルケア(1)(小澤)
第3回 胎児・新生児の脳発達とディベロプメンタルケア(2)(小澤)
第4回 脳性麻痺・てんかん (祖父江)
第5回 免疫系疾患 (祖父江)
第6回 アレルギー疾患 (祖父江)
第7回 呼吸器系疾患 (祖父江)
第8回 感染症 (祖父江)
第9回 リウマチ性疾患 (祖父江)
第10回 循環器疾患 (祖父江)
第11回 消化器疾患 (竹中)
第12回 内分泌疾患 (竹中)
第13回 腎疾患 (竹中)
第14回 小児がん (竹中)
第15回 小児血液疾患 (竹中)

試験、レポート等を予定している。 
教科書・参考書等 森川昭廣監修:標準小児科学、第7版、医学書院
浦島充佳:エビデンスに基づく小児科、医学教育出版社
ネルソン著、衛藤義勝監修:小児科学、第17版、エルゼピアジャパン 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
講義開始の際、提示する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 講義、レポート、出血等により総合的に評価する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ