広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3144001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 母性看護学実習
授業科目名
(フリガナ)
ボセイカンゴガクジッシュウ
英文授業科目名 Clinical Practice in Maternity Nursing
担当教員名 大平 光子,藤本 紗央里,舩場 友木,小澤 未緒,福島 紗世
担当教員名
(フリガナ)
オオヒラ ミツコ,フジモト サオリ,フナバ ユウキ,オザワ ミオ,フクシマ サヨ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表、野外実習、作業、薬品使用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 医学部保健学科看護学専攻3年次
授業のキーワード 妊婦,褥婦,新生児,看護実践,新生児家庭訪問 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(能力・技能)
・根拠に基づき計画した看護を適切に実践する能力
・対象の健康課題に応じた健康の保持増進,疾病や事故・傷害の予防,健康の回復にかかわる看護を実践する能力*利用者:看護実践の場における看護サービスの利用者。患者,相談者,地域住民など包含する。 
授業の目標・概要等 【目的】
妊娠・分娩・産褥・新生児期にある親子と家族の健康の保持増進や健康問題からの回復を促進し、育成期の家族形成および発達を支援する看護の基礎的能力を養う。
【目標】
1.家族中心のケア理念に基づき専門職として倫理的に実践できる。
2.対象者の強みに焦点を当て、親になっていく過程にある対象者と家族が子育ての能力や  自信を培えるよう支援できる。
3.対象者が自分自身の健康状態を理解し、セルフケアできるように支援できる。
4. 新生児の子宮外生活への適応を支援できる。
5.親になっていく人が新生児・乳児の能力、合図・態度の意味を理解することを助け、良好な親子関係の構築を支援できる。
6.病院および在宅において対象者が利用可能な社会資源について理解し、必要な資源を   対象者自身が選択できるよう支援することができる。
7.看護実践を対象者の反応および変化から振り返ることができる。
8.看護実践の振り返りにより、自己の成長と課題を明らかにし、自己の課題を解決に取り組むことができる。 
授業計画 病棟実習(広島大学病院 4階東病棟)
 妊婦・褥婦・新生児へのケアおよび母乳育児支援に関する看護実践
 地域の社会資源についての情報提供
 病棟実習カンファレンス
新生児家庭訪問(SP実習)(広島大学医学部保健学科 504号室演習室)
 模擬患者を対象とした産褥・新生児期における保健指導の実施
 地域の社会資源についての情報提供
総括カンファレンス(広島大学病院 4階東病棟)
 母性看護学の講義・演習・実習全体を通してテーマを決め2グループ合同で検討
詳細は母性看護学実習要項を参照すること
記録物は専用の記録用紙を用いること。手書きのみとする。 
教科書・参考書等 これまでの母性看護学の講義・演習・実習で使用した資料・テキスト 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
積極的に予習・復習を行うこと 
履修上の注意
受講条件等
基礎看護学実習、母性看護学概論、母性看護方法演習、周産期障害看護を修了し
ていること。
他学部学生履修不可。 
成績評価の基準等 病棟実習80点(態度10点,看護過程60点,カンファレンス参加度10点),
新生児家庭訪問演習20点(態度3点,実施10点,提出物7点) 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ