広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3138101 科目区分 専門教育科目
授業科目名 成人健康障害看護
授業科目名
(フリガナ)
セイジンケンコウショウガイカンゴ
英文授業科目名 Disease Management in Adult
担当教員名 片岡 健,二井谷 真由美
担当教員名
(フリガナ)
カタオカ ツヨシ,ニイタニ マユミ
開講キャンパス 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 月5-6:保301
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
(1)プリントあるいはパワーポイント、ビデオによる講義中心
(2)実際に臨床現場で働く各外科領域のエキスパートによる講義あり 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 看護学専攻2年および本講義に出席希望者
授業のキーワード 外科疾患、病態生理、最新治療 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
成人疾病のうち、特に外科系疾患の現況と実際を理解し知識を得る。 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(知識・理解)
・心身の機能と環境に基づく健康,疾病の予防,発症,治癒に関する知識・理解
・看護実践理論,看護の基本的技術と態度に関する知識・理解
・個人と家族,地域の健康問題と看護に関する知識・理解
・ヘルスケアシステムと看護職者間ならび他職種との協働に関する知識・理解
・看護倫理に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 成人期に多く発症する疾患の病態について系統的・重点的に講義し、その基礎を修得させる。また各疾患に対する最新医療を学び、成人病患者に対する今後の看護の役割について理解を深める。時に各専門領域のエキスパートによる特別授業あり。原則1回完結。 
授業計画 第 1回(4月10日) 講義オリエンテーション (講義・資料配布⇒片岡・二井谷)
            生活習慣病の疫学・医学的略号と用語
第 2回(4月17日) 外科学総論 (片岡)
第 3回(4月24日) 最新医療(内視鏡手術・遺伝子治療・再生医療など)(片岡)
第 4回(5月01日)     休講
第 5回(5月08日) 乳腺外科疾患の病態、診断と治療(片岡)
第 6回(5月15日)  呼吸器外科疾患の病態、診断と治療
          (広島大学原医研腫瘍外科 宮田義浩 准教授/資料⇒片岡)
第 7回(5月22日  食道外科疾患の病態、診断と治療
          (広島大学原医研腫瘍外科 浜井洋一 講師/資料⇒片岡)
第 8回(5月29日) 胃外科疾患の病態、診断と治療
          (広島大学病院消化器外科 田邊和照 講師/資料⇒片岡)
第 9回(6月05日) 心血管外科疾患の病態、診断と治療
          (呉医療センター心血管外科外科部長 今井克彦 名誉教授)
第10回(6月12日   内分泌外科疾患の病態、診断と治療 (片岡)
第11回(6月19日) 脳神経外科疾患の病態、診断と治療
          (広島大学病院脳神経外科 栗栖 薫 教授/資料作成⇒片岡)
第12回(6月26日) 大腸外科疾患の病態、診断と治療
          (広島大学病院消化器外科 恵木浩之 講師/資料⇒片岡)
第13回(7月03日) 整形外科(股関節)疾患の病態、診断と治療
          (広島大学病院整形外科 山崎琢磨 准教授)
第13回(7月10日) 肝臓外科疾患の病態、診断と治療
          (広島大学病院消化器外科 小林 剛 助教)
第14回(7月24日) 腹膜疾患・末梢血管外科疾患の病態、診断と治療(片岡)

学期末までに課題レポート提出を実施。 
教科書・参考書等 毎回講義に関連したプリントを『もみじ』で配布する。 指定図書は無し。
参考書等:
    新体系看護学・成人看護学、メヂカルフレンド社
    成人看護学 病態生理・疾病論.廣川書店
    NEW 外科学.南江堂
    標準外科学.医学書院
    一般外科:術前・術中・術後管理.へるす出版
    救急医学.へるす出版
    臨床腫瘍学.朝倉書店
    人体解剖学アトラス.西村書店   など。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回 生活習慣病について・医学的略号と用語について
第2回 外科学総論について
第3回    最新医療(内視鏡手術・遺伝子治療・再生医療など)について
第4回 以降は各臓器の生理・解剖についての予習は必須! 
履修上の注意
受講条件等
看護学専攻以外の学生も聴講可 
成績評価の基準等 出席状況と課題レポート内容で評価 
メッセージ 臨床系の専門医師による最新の外科講義もありますので、是非欠席しないように!! 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ