広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3130001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 看護技術学・応用演習
授業科目名
(フリガナ)
カンゴギジュツガク・オウヨウエンシュウ
英文授業科目名 Clinical Nursing Skills
担当教員名 折山 早苗,新宮 美穂,田淵 啓二
担当教員名
(フリガナ)
オリヤマ サナエ,シングウ ミホ,タブチ ケイジ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 金5-8:保302,保402,保403
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義・演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 看護学専攻2年生
授業のキーワード 日常生活援助、活動と休息、衣生活、食生活、排泄、清潔 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
看護実践に必要な基本的・応用的技術の原理と方法を理解する 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(能力・技能)
・根拠に基づいた看護実践を計画する能力
・対象の健康課題を根拠に基づいて査定する能力 
授業の目標・概要等 1)基礎演習の知識・技術に基づき、看護実践に必要な技術の原理と方法及び応用を理解し、科学的根拠に裏打ちされた援助技術を習得する。
2)問題解決過程(情報収集、問題抽出、計画立案、実施、評価)に即し、対象者の健康課題を明らかにした上で解決及び改善に向けた援助方法を考察する。
3)看護援助を必要とする対象者とその日常生活を理解した上で、看護提供環境を考慮しながら、適切な援助を実践する。 
授業計画 第1回 活動と休息の援助技術1
第2回 活動と休息の援助技術2
第3回 食生活の援助技術1
第4回 食生活の援助技術2
第5回 食生活の援助技術3
第6回 排泄の援助技術1
第7回 排泄の援助技術2
第8回 排泄の援助技術3
第9回 清潔の援助技術1
第10回 清潔の援助技術2
第11回 清潔の援助技術3
第12回 衣生活の援助技術
第13~15回 まとめ 総合演習:事例対象者への援助計画の立案及び習得した知識・技術の確認

実技試験・筆記試験を実施予定

単元ごとに事前課題・事後課題および課題を提示する 
教科書・参考書等 1) 前期の看護技術学・基礎演習のテキストを継続使用.
2) 川口孝泰他:清潔の援助技術 リンクで学ぶ看護基本技術ナビゲーション、中央法規出版.
3) 川口孝泰他:食事の援助技術 リンクで学ぶ看護基本技術ナビゲーション、中央法規出版. 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
基礎的知識に基づく技術を提供するためには充分な準備が必要です。学習目的・目標を事前提示するので既習内容を復習し、新しい課題を予習して授業に臨むことが重要です。
単元ごとに提示する事前課題・事後課題を通し、自己学習を深めて下さい。
事後学習においては、達成できた部分と未達成の部分を整理し、正しい知識と手技で繰り返し自己学習し、達成度を高めるようにして下さい。
なお、課題の学習到達度について、セルフチェックを実施することもあります。 
履修上の注意
受講条件等
看護師国家試験受験資格関連科目であり、実技演習を伴うために、資材及び教員数が限られており、他学部学生等の受け入れは困難であるため、履修不可とする 
成績評価の基準等 出席状況・事前事後学習状況(各単元後の技術修得確認を含む)・授業への取り組みの積極性・提出物の提出状況と内容の評価・試験成績
看護技術学・基礎演習,看護技術学・応用演習,看護診断方法論演習,基礎看護実習Ⅰ,Ⅱのうち,いずれか2科目以上が不合格の場合は,基礎看護実習Ⅲの受講が不可となる. 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ