広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3127001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 看護実践学原論
授業科目名
(フリガナ)
カンゴジッセンガクゲンロン
英文授業科目名 Principles of Nursing
担当教員名 折山 早苗
担当教員名
(フリガナ)
オリヤマ サナエ
開講キャンパス 開設期 1年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 水5:保301, (2T) 水6-8
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 医学部保健学科看護学専攻 第1学年生
授業のキーワード 健康、看護倫理、看護実践、看護教育、看護史 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
専門教育の基盤科目 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(知識・理解)
・心身の機能と環境に基づく健康,疾病の予防,発症,治癒に関する知識・理解
・看護実践理論,看護の基本的技術と態度に関する知識・理解
・個人と家族,地域の健康問題と看護に関する知識・理解
・ヘルスケアシステムと看護職者間ならび他職種との協働に関する知識・理解
・看護倫理に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 看護の基本的な概念(人間、環境、生命、健康、看護)に関して、理解を深め、看護の基本的な考え方が理解できる 
授業計画 第1回 看護概論の概要
第2回 看護史 1
第3回 看護史 2
第4回 日本における近代看護
第5回 人間と看護
第6回 健康と看護
第7回 終末期看護
第8回 看護倫理と医療倫理
第9回 リスクマネジメント
第10回 看護師の役割 1
第11回 看護師の役割 2
第12回 看護組織
第13回 看護教育
第14回 看護研究
第15回 まとめ 
教科書・参考書等 指定書1:系統看護学講座 専門分野1 基礎看護学1 看護学概論(医学書院)
指定書2:看護理論家の業績と理論評価(医学書院)
指定書3:ナイチンゲール「看護覚え書」(現代社)
指定書4:ヘンダーソン「看護の基本となるもの」 (日本看護協会出版会)
指定書5:看護法令要覧 平成27年版(日本看護協会出版会)
指定書6:看護者の基本的責務(日本看護協会出版会) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
毎回、授業前には予定個所を必ず読んでおいてください。
事前課題を必ず行って授業に臨んでください。 
履修上の注意
受講条件等
授業開始20分間以上の遅刻は欠席扱いとなります。遅刻または早退3回で欠席扱いになります。欠席5回までを成績評価の対象とします。 
成績評価の基準等 授業への取り組みを毎回の授業終了時点での自由記載レポートで評価します(25%)。課題レポートの提出状況と内容を評価します(15%)。筆記試験を行います(60%)。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ