広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3126001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 環境生態学演習
授業科目名
(フリガナ)
カンキョウセイタイガクエンシュウ
英文授業科目名 Environmental Health
担当教員名 小林 敏生,田淵 啓二
担当教員名
(フリガナ)
コバヤシ トシオ,タブチ ケイジ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (3T) 火1-4:保203
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義および演習 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 看護学専攻 2年生
授業のキーワード 環境と健康,地球環境,国際保健 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(知識・理解)
・心身の機能と環境に基づく健康,疾病の予防,発症,治癒に関する知識・理解
・看護実践理論,看護の基本的技術と態度に関する知識・理解
・個人と家族,地域の健康問題と看護に関する知識・理解
・ヘルスケアシステムと看護職者間ならび他職種との協働に関する知識・理解
・看護倫理に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 人間の健康と密接に関連している環境について、物理化学的環境、生物的環境おびストレスなどの心理社会的環境などについて、環境を要因別に学習し,また身近な環境問題から地球環境問題に至る諸問題を取り上げて、環境と健康の関連性について幅広く学習し、環境と健康について認識を深める。さらに実際に様々な環境要因の測定演習(温熱、騒音、放射線、気圧、大気、上下水など)を行うことで、身近な生活環境について理解する。 
授業計画 第1回 イントロダクション(小林敏生)
第2回 環境と健康概論(小林敏生)
第3回 物理的環境(温熱、騒音、振動)(小林敏生)
第4回 物理的環境(放射線、居住・衣服、気圧)(小林敏生)
第5回 化学的環境(大気)(小林敏生)
第6回 化学的環境(上水、下水)(小林敏生)
第7回 生物的環境(感染症など)(小林敏生)
第8回 心理社会的環境(ストレスとメンタルヘルス)(小林敏生)
第9回 学校における環境と健康問題(小林敏生)
第10回 職場における環境と健康問題(小林敏生)
第11回 地域における環境と健康問題)(小林敏生)
第12回 地球環境問題と国際保健)(小林敏生、鹿嶋小緒里)
第13回 環境測定実習(1)(小林敏生、田淵啓二)
第14回 環境測定実習(2)(小林敏生、田淵啓二)
第15回 まとめと試験 (小林敏生、田淵啓二)

筆記試験を最終回に実施予定 
教科書・参考書等 シンプル衛生公衆衛生学2017:南江堂
Active Aging 健康管理学:八千代出版 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
身近な環境問題について予習・配布プリントの復習をしっかりとすること 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 出席状況,演習レポート,筆記試験など 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ