広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3123001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 保健政策論
授業科目名
(フリガナ)
ホケンセイサクロン
英文授業科目名 Health Policies
担当教員名 梯 正之,安武 繁,恒松 美輪子
担当教員名
(フリガナ)
カケハシ マサユキ,ヤスタケ シゲル,ツネマツ ミワコ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 水3,水5-10:保302
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義ならびに学生の発表を中心に行う 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(知識・理解)
・心身の機能と環境に基づく健康,疾病の予防,発症,治癒に関する知識・理解
・看護実践理論,看護の基本的技術と態度に関する知識・理解
・個人と家族,地域の健康問題と看護に関する知識・理解
・ヘルスケアシステムと看護職者間ならび他職種との協働に関する知識・理解
・看護倫理に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 保健政策論では、日本の公衆衛生行政についての現状と課題を理解するとともに、この後のあるべき姿を検討する際の基本的な考え方を身につけることを目標とする。そのため、講義により基本的な知識を得た後、各自が興味を持ったテーマに関して、情報の収集や分析、政策提言などについて発表する機会を設ける。また授業では、保健医療制度について海外の主要国との比較検討も行う。 
授業計画 第1回 保健政策の概要
第2回 日本の保険医療制度・国際比較
第3回 諸領域における保健政策
第4回 がんの予防と保健政策
第5回 感染症の予防と保健政策
第6回 地域保健政策の実際(1)
第7回 地域保健政策の実際(2)
第8回 地域保健政策の実際(3)
第9回 地域保健政策の実際(4)
第10回 地域保健政策の実際(5)
第11回 医療安全の保健政策
第12回 医療資源と保健政策
第13回 さまざまな保健医療政策(1)
第14回 さまざまな保健医療政策(2)
第15回 さまざまな保健医療政策(3)、まとめ

授業・発表への参加態度と内容評価により成績評価を行う 
教科書・参考書等 授業中に適宜指示する 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料等 
予習・復習への
アドバイス
ニュースや新聞記事に興味を持って、授業と関連づけた理解をめざしてください。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 通常の授業への参加態度30%、発表の内容・水準70%により評価する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ