広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3025101 科目区分 専門教育科目
授業科目名 基礎看護実習III
授業科目名
(フリガナ)
キソカンゴジッシュウ3
英文授業科目名 Clinical Practice in Fundamental Nursing Care III
担当教員名 折山 早苗,小林 敏生,田淵 啓二,梯 正之,新宮 美穂
担当教員名
(フリガナ)
オリヤマ サナエ,コバヤシ トシオ,タブチ ケイジ,カケハシ マサユキ,シングウ ミホ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
実習、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 保健学科看護学専攻 第2学年
授業のキーワード 実習、看護過程、チーム医療 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
対象者の健康上の問題あるいは課題を確認し、その解決方法を選択或いは考案し、その解決に向けて人々を実際に手助けできる能力を培う 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(能力・技能)
・根拠に基づき計画した看護を適切に実践する能力
・対象の健康課題に応じた健康の保持増進,疾病や事故・傷害の予防,健康の回復にかかわる看護を実践する能力*利用者:看護実践の場における看護サービスの利用者。患者,相談者,地域住民など包含する。 
授業の目標・概要等 看護実践の基本となる専門的知識・技術を統合して、人々が直面している健康上の問題あるいは課題を確認し、その解決方法を選択或いは考案し、その解決に向けて人々を実際に手助けできる能力を培う。 
授業計画 第1回 病棟実習・臨床講義
第2回 病棟実習
第3回 病棟実習
第4回 病棟実習
第5回 病棟実習
第6回 病棟実習
第7回 病棟実習
第8回 病棟実習
第9回 病棟実習
第10回 病棟実習
第11回 病棟実習
第12回 病棟実習
第13回 病棟実習
第14回 病棟実習
第15回 まとめ 
教科書・参考書等 既習科目で用いた書籍を活用する。
加えて、臨床検査データブック、治療薬マニュアル、医学・看護略語辞典などを活用する。 
授業で使用する
メディア・機器等
PC 、実習要項 
予習・復習への
アドバイス
実習要項を事前に熟読し、実習の目的・目標を理解したうえで実習に臨む。服装などは実習要項に示す規定に従う。
実習中は自己の健康管理に注意を払い、特に感染症罹患に注意する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 課題レポート、出席状況、学習態度・積極性、講義時に提出する学習評価表、グループ発表への取組・内容等を基に評価する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ