広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 経済学部経済学科夜間主コース
講義コード G8329127 科目区分 専門教育科目
授業科目名 税法総論
授業科目名
(フリガナ)
ゼイホウソウロン
英文授業科目名 Outline of Tax Law
担当教員名 林 幸一
担当教員名
(フリガナ)
ハヤシ コウイチ
開講キャンパス 東千田 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 火13:東千田208, (前) 火14
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
授業は講義形式で行い、テキストに沿って進めます。 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 法学
対象学生  
授業のキーワード 概論、所得税法、法人税法、相続税法、消費税法、租税手続法 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
経済・経営統合プログラム
(知識・理解)
・経営・会計・情報技術に関する基礎的知識 
授業の目標・概要等 本講義は、マネジメント(経営管理)に必要な税についての概要を理解することを目標としています。具体的には、税法自体には明定されていない税法に共通する考え方、課税要件、国際取引、租税手続法について講義します。 
授業計画 第1回 序論(オリエンテーション)
第2回 租税と税法
第3回 税法の基本原則
第4回 税源の配分
第5回 税法の解釈と適用
第6回 所得税
第7回 法人税
第8回 相続税(贈与税を含む)
第9回 消費税
第10回 国際的二重課税とその排除
第11回 非居住者および外国法人の課税・国際的租税回避等の対策税制
第12回 租税行政の組織と租税職員・申告納税制度
第13回 更正・決定の手続:・納付と徴収
第14回 納税者の権利保護
第15回 租税犯とその処罰

試験及びレポート提出を予定しています。

単に出席しているだけでは、評価の対象としません。  
教科書・参考書等 金子宏・清永敬次・宮谷俊胤・畠山武道『税法入門』第7版 (有斐閣新書)
※なお、教科書について初回講義で説明するので、それまで購入しないこと。 
授業で使用する
メディア・機器等
DVDによるTV番組の視聴を予定しています。 
予習・復習への
アドバイス
予習は特に必要ないと思いますが、復習をしっかり行ってください。 
履修上の注意
受講条件等
税法は応用的な法律科目であることから、先に(あるいは同時に)基礎的な法律科目(民商法等)の履修が望ましい。 
成績評価の基準等 平常点及び試験で総合評価します。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ