広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 経済学部経済学科夜間主コース
講義コード G8156137 科目区分 専門教育科目
授業科目名 経営システム科学1
授業科目名
(フリガナ)
ケイエイシステムカガク1
英文授業科目名 Management System Sciences 1
担当教員名 広谷 大助
担当教員名
(フリガナ)
ヒロタニ ダイスケ
開講キャンパス 東千田 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 水13-14:東千田302
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心ですが演習も行います 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 経営学
対象学生  
授業のキーワード オペレーションズ・リサーチ,日程計画法,線形計画法,階層化意思決定法,ゲーム理論,待ち行列理論,シミュレーション 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
経済・経営統合プログラム
(能力・技能)
・経営・会計・情報技術に関する知識をもとに経営に関わる諸問題を把握する能力 
授業の目標・概要等 経営システム科学では,経営科学と密接に関係するオペレーションズ・リサーチ(OR)について学ぶ。その中で経営システム科学1ではORについて代表的な技法を理解し,かつEXCELにて手法を適用できる能力を養うことにより,経営システムに対する諸問題に対して適用できるようになる事を目的とする。 
授業計画 第1回 ガイダンス・講義内容の説明 ORとは
第2回 日程計画法(1)
第3回 日程計画法(2)
第4回 線形計画法(1)
第5回 線形計画法(2)
第6回 階層化意思決定法(1)
第7回 階層化意思決定法(2)
第8回 これまでのまとめ
第9回 中間試験
第10回 ゲーム理論(1)
第11回 ゲーム理論(2)
第12回 待ち行列理論(1)
第13回 待ち行列理論(2)
第14回 シミュレーション
第15回 まとめ

ほぼ毎回講義中に演習を行い,かつ宿題としてレポートも出題します。試験は中間試験を9回目に期末試験を試験期間中に行います。いずれも詳細は講義中に説明します

受講者の理解度によって授業計画は多少前後する事があります。基本的にはテキストに沿って講義を行いますが,トピックスによってはテキスト外の発展的な内容について触れることがあります。なお,テキスト第5章はORの中でも発展的な内容のため本講義では取り扱いません 
教科書・参考書等 教科書:伊藤益生著,例題で学ぶオペレーションズ・リサーチ入門,森北出版,2015年
参考書:講義中に説明する 
授業で使用する
メディア・機器等
パワーポイントスライドを用いて講義を行います。講義資料は講義日に配布します。 
予習・復習への
アドバイス
とにかく計算量が多いので自分で計算できるようになることが大切です。数式に惑わされないようにして下さい 
履修上の注意
受講条件等
本講義ではEXCELを一部用います。そのため,EXCELの基本的な機能は使いこなせることが前提となります。また,経営システム科学1と経営システム科学2は独立した講義ですのでどちらを先に受講してもらっても問題ありません 
成績評価の基準等 レポートと講義内の演習40%,中間試験35%,期末試験35%で評価します 
メッセージ オペレーションズ・リサーチは経営システムの諸問題を定量的に扱おうとする分野です。そのため,理系寄りになり数式・数字が多く出てきます。本講義では数学が苦手な学生でも理解できるように厳密な理論は避け,難しい数式等は時間をかけ説明を行います。最近は文理融合の学生が望まれている傾向もあり,是非手法を理解してもらえばと思います。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ