広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 経済学部経済学科夜間主コース
講義コード G0007137 科目区分 教養教育科目(夜)
授業科目名 教養ゼミ
授業科目名
(フリガナ)
キョウヨウゼミ
英文授業科目名 Introductory Seminar for First-Year Students
担当教員名 原田 隆
担当教員名
(フリガナ)
ハラダ タカシ
開講キャンパス 東千田 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 水13-14:東千田403
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 21 : 初年次教育
対象学生  
授業のキーワード 情報収集、コミュニケーション、プレゼンテーション、問題発見・解決 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
法政総合プログラム
(能力・技能)
・社会科学に関する資料・情報の整理・分析を行い,問題点を発見することができる
(総合的な力)
・法,政治,企業活動,現代社会の情勢に関する諸問題の分析・検討を行い,関連する制度や法規を適切に対応させることなどを通して,論点を整理することができる
・法,政治,企業活動,現代社会の情勢に関する様々な問題について,批判的に考察し,自己の主張を説得的に展開して,問題解決の方向を示すことができる
・現代社会が抱える諸問題の中からテーマを見つけ,資料・情報を収集・分析して報告し,レポートとしてまとめることができる
・特定のテーマに関する報告ないし発表において,自己の研究成果や具体的解決の提案を,ディスカッションを含めて,効果的にプレゼンテーションすることができる 
授業の目標・概要等 大学で学習するうえで必要な情報収集能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、問題発見・解決能力の基礎を修得することを目的として授業を行う。
 
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 図書館利用案内
第3回 レポート作成方法の説明、テーマ設定とグループ分け
第4回から第6回 レポート作成方法の説明とレポート作成作業
第7回 情報セキュリティコンプライアンス入門
第8回から第9回   レポート作成方法の説明とレポート作成作業
第10回 キャリア講義(キャリアセンター)
第11回から第13回 レポート作成作業
第14回から第15回 レポート報告とディスカッション
 
教科書・参考書等 教科書については授業内で指示します。
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回から第3回、第7回、第10回 授業をしっかりと聴講し、各自で計算機室等を利用して授業の
復習に努めてください。
第4回から第6回、第8回から第9回、第11回から第13回 テキストの予習と復習、レポート作成作業
第14回から15回 同じグループのメンバーが共同してレポート内容を報告できるよう準備を行ってください。
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 レポート作成作業への参加状況 40%、レポート 60% 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ