広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 経済学部経済学科昼間コース
講義コード GS017342 科目区分 専門教育科目
授業科目名 演習
授業科目名
(フリガナ)
エンシュウ
英文授業科目名 Seminar
担当教員名 大内田 康徳
担当教員名
(フリガナ)
オオウチダ ヤスノリ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   通年
曜日・時限・講義室 (通) 木3-4:法・経B152
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、パワーポイント使用、板書多用、ディスカッション、学生の発表 
単位 4 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 経済学
対象学生 3年次
授業のキーワード 経済政策,環境,政府 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
現代経済プログラム
(総合的な力)
・現代社会の経済問題や政策課題を解決するための政策を立案する能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、問題発見・課題解決能力 
授業の目標・概要等 環境経済学の英文テキストを輪読し,政策的思考の鍛錬とともに発表技法の向上・ディスカッション能力の向上を図る.同時に,それらの能力を4年次の卒論執筆に生かせるようにする. 
授業計画 オリエンテーション
演習
演習
演習
演習
演習
演習
演習
演習
演習
演習
演習
演習
演習
演習

平常のプレゼンと質疑応答、積極性などをもとに評価する。

発表者と討論者を決めてテキストを輪読する. 
教科書・参考書等 環境経済学のテキスト(後日告知します)。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,パソコン、プロジェクター 
予習・復習への
アドバイス
きつくとも乗り越えるべし。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 発表,質疑応答,レジュメ作成など平素の取り組み(積極性)を評価する(出席状況も含む). 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ