広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 経済学部経済学科昼間コース
講義コード GS011342 科目区分 専門教育科目
授業科目名 演習
授業科目名
(フリガナ)
エンシュウ
英文授業科目名 Seminar
担当教員名 森 良次
担当教員名
(フリガナ)
モリ リョウジ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   通年
曜日・時限・講義室 (通) 木3-4:教員研究室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 4 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 経済学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
現代経済プログラム
(総合的な力)
・社会経済現象を長期的な歴史的視野から検討する能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、問題発見・課題解決能力 
授業の目標・概要等   本ゼミナールでは、ヨーロッパ経済史に関する文献輪読と卒論執筆にむけた個別研究の指導を行います。前期は経済史の主要テーマに関する文献輪読を行い、これを通じて各自個別研究のテーマを模索します。9月末のゼミ合宿において各自の研究テーマを発表し、後期は近畿大学・専修大学・福島大学・広島大学4大学合同ゼミ合宿(11月)での研究発表にむけて、個別研究の中間発表を行います。
 なお、個別研究のテーマは、ゼミ生の問題関心を尊重したうえで、指導教員と相談のうえ決定します。 
授業計画 第1回 顔合わせ及び打ち合わせ
第2回 経済史の主要テーマに関する文献輪読
第3回 ディベート
第4回 経済史の主要テーマに関する文献輪読
第5回 ディベート
第6回 経済史の主要テーマに関する文献輪読
第7回 経済史の主要テーマに関する文献輪読
第8回 経済史の主要テーマに関する文献輪読
第9回 経済史の主要テーマに関する文献輪読
第10回 経済史の主要テーマに関する文献輪読
第11回 経済史の主要テーマに関する文献輪読
第12回 経済史の主要テーマに関する文献輪読
第13回 個別研究テーマ発表
第14回 個別研究テーマ発表
第15回 経済施設見学

なし 
教科書・参考書等  ゼミ生と相談のうえ決定します。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
 ゼミは、学問的関心を同じくする者同士が集まる研究共同体です。ゼミ生各人が主体性と参画意識をもってゼミ活動に参加することで、ゼミ生同士お互いに高め合う関係が生まれます。自学自習と参画意識を基本にゼミ活動を行ってください。 
履修上の注意
受講条件等
何事も楽しんでやってください。 
成績評価の基準等  ゼミ合宿(9月)および4大学合同ゼミ合宿(11月)は、個別研究の成果を発表する貴重な機会であり、当ゼミの活動の重要な構成要素です。両行事への準備過程も含めた積極的な関与(出席)なしに、個別研究に前向きに取り組んだと評価することはできません。上記行事に欠席すること及びゼミの無断欠席は重大な減点の対象となります。
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ