広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 経済学部経済学科昼間コース
講義コード G6169133 科目区分 専門教育科目
授業科目名 ファイナンス2
授業科目名
(フリガナ)
ファイナンス2
英文授業科目名 Financial Economics 2
担当教員名 小野 貞幸
担当教員名
(フリガナ)
オノ サダユキ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 水3-6:法・経B155
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 経済学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
現代経済プログラム
(能力・技能)
・財政学,金融論等に関する知識を応用して,生活に密着した問題を解決する能力 
授業の目標・概要等 ファイナンス2では、金融資産のリスクとリターンの関係、為替レート、金融派生商品(デリバティブ)を扱う予定です
。それら3つの項目のうち特にデリバティブに多くの時間を費やす予定です。講義では、基本事項を紹介し、理論を導き
、その理論を使い計算を行うことを主とします、フィナンシァル・タイムズ(英国経済日刊誌)、エコノミスト(英国経
済週刊誌)、日本経済新聞などに取り上げられた世界の金融市場で起きました事象を随時紹介していく予定です。 
授業計画 講義項目
(1) リスクとリターン
(2) 資本資産評価モデル
(3) 効率的市場仮説
(4) 為替レート
(5) 先物・先渡し取引
(6) オプション
(7) ブラック・ショールズ・マートン オプション価格方程式
(8) 為替スワップ、利子スワップ
(9) クレジット・デフォルト・スワップ 
教科書・参考書等 ファイナンス2の教科書はありませんが、参考図書としまして以下に示します。
• コーポレートファイナンスの原理 / ステファン・ロス, ランドルフ・ウェスターフィールド、ジェフリイ・ ジャフィ
著;大野薫 監訳
• コーポレートファイナンス / リチャード・ブリーリー, スチュワート・マイヤーズ 著;藤井真理子、国枝繁樹 監訳
• 先物・オプション取引入門 / ジョン・ハル 著; 小林孝雄, オーパスワン監訳
• Modern Portfolio Theory and Investment Analysis / Edwin J. Elton, Martin J. Gruber, Stephen J. Brown, William N.
Goetzmann著 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料、映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
それぞれの講義後の復習が重要。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 期末試験の結果により評価が決まります。それぞれの試験のルール・形式は事前に連絡い
たします。また、試験を受験しない場合、原則ゼロ点になります。ただし、例外として、広島大学経済学部ハンドブック
に記載された条件を満たせば期末試験の追試験が受講可能となります。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ