広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 経済学部経済学科昼間コース
講義コード G6155113 科目区分 専門教育科目
授業科目名 特別講義(資本市場の役割と証券投資)
授業科目名
(フリガナ)
トクベツコウギ(シホンシジョウノヤクワリトショウケントウシ)
英文授業科目名 Special Lectures(Investment and Asset Mnagement)
担当教員名 鈴木 喜久
担当教員名
(フリガナ)
スズキ ヨシヒサ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 月5-6:法・経B257
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 経済学
対象学生 2年次以上
授業のキーワード 証券市場、金融資本市場、資産運用、投資、株式、債券,
ポートフォリオ、投資家心理 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  証券市場に関するタイムリーな話題を中心に資本市場に影響を及ぼす経済情報の捉え方からスタートし、経済における資本市場の役割を解説し、証券投資や資産運用に関する基本的な考え方や運用手法などについても検討して行く。自己責任の時代に備えておくべき基礎知識について、実例を交えながら講義する。
 
授業計画 第1回「ガイダンス」
第2回「ライフプランと資産形成」
第3回「経済情報の捉え方」
第4回「証券投資のリスク・リターン」
第5回「ポートフォリオ・マネジメント」
第6回「債券市場の役割と投資の考え方」
第7回「金融資本市場の役割とその変化」
第8回「株式市場の役割と投資の考え方」
第9回「日本の株式市場史」
第10回「外国為替相場とその変動要因について」
第11回「グローバル化する世界と資本市場の果たす役割」
第12回「投資信託の役割とその仕組み」
第13回「資産形成と非課税制度の活用について」
第14回「資本市場における投資家心理」
第15回「産業展望と投資の考え方」

開講時に説明します。

講義の日程が入れ替わる場合があります。 
教科書・参考書等 講義形式(講義中心,講義のレジュメを毎回配付)
使用する視聴覚教材の種類(パワーポイント等)
テキストは特に指定しない。
参考書:「証券投資の基礎」野村證券投資情報部編、丸善
    「日本の資本市場」氏家純一編、東洋経済新報社
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
毎回、講義のポイントなどをまとめることが肝要です。
講義の要約が確りとなされているかどうかを問います。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 レポート、期末試験等について、開講時に説明します。 
メッセージ  本講義は、各回のテーマ毎に、証券・資本市場の第一線で活躍する野村證券グループの実務家・専門家が講義を行う野村證券株式会社提供講座です。
 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ