広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 経済学部経済学科昼間コース
講義コード G6047225 科目区分 専門教育科目
授業科目名 金融論1
授業科目名
(フリガナ)
キンユウロン1
英文授業科目名 Money and Banking 1
担当教員名 千田 隆
担当教員名
(フリガナ)
センダ タカシ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 水9-10,金9-10:法・経B257
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
復習中心、講義中心、板書多用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 経済学
対象学生 2年次以降
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
現代経済プログラム
(知識・理解)
・経済問題の理論的分析に関する基礎知識 
授業の目標・概要等 主として学部2年次生を対象として、金融論の基礎を講義する。 
授業計画 第1回 将来価値と複利計算、現在価値
第2回 内部収益率、債券の基礎
第3回 実質利子率と名目利子率
第4回 事象・確率・期待値、リスクの尺度
第5回 分散投資によるリスクの減少
第6回 債券価格、債券収益率
第7回 債券市場と利子率の決定、債券保有のリスクとは
第8回 金利の危険構造
第9回 金利の期間構造
第10回 普通株式の特徴、株式の評価
第11回 効率的市場仮説
第12回 出資契約における情報の問題
第13回 貸借契約における情報の問題
第14回 銀行の貸借対照表
第15回 銀行経営上のリスク 
教科書・参考書等 参考書 
Cecchetti, Stephen G.著 Money, Banking, and Financial Markets 3rd(McGraw-Hill, 2010年)
 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
この授業では特に教科書を指定いたしませんが、宿題を解く際には、大学図書館に所蔵されているさまざまな金融論の教科書を参考にしてください。 
履修上の注意
受講条件等
ミクロ経済学入門およびマクロ経済学入門が履修済みであることが望ましい。 
成績評価の基準等 期末試験
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ