広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 経済学部経済学科昼間コース
講義コード G6013323 科目区分 専門教育科目
授業科目名 政治経済学2
授業科目名
(フリガナ)
セイジケイザイガク2
英文授業科目名 Political Economy 2
担当教員名 松田 正彦
担当教員名
(フリガナ)
マツダ マサヒコ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 金5-8:法・経B257
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 経済学
対象学生 3年次以降
授業のキーワード 資本主義、市場機構、生産編成 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
3年次から履修する、歴史経済科学学科目に属する専門科目。 
到達度評価
の評価項目
現代経済プログラム
(能力・技能)
・経済史,経済学史,政治経済学等に関する知識を応用して,歴史的分析を展開する能力 
授業の目標・概要等 市場と資本主義経済を基礎的な理論によって説明する。また、その応用として資本主義の歴史的発展段階を分析する。
 
授業計画 第1回  〔市場形態論〕商品形態
第2回   貨幣の発生
第3回   貨幣機能 1購買機能、2価値尺度機能
第4回   貨幣機能 3流通手段機能、4富の保存・蓄積機能
第5回   資本形式 1商人資本的形式
第6回   資本形式 2産業資本的形式、3金貸し資本的形式
第7回  〔生産編成論〕社会存続と労働・生産過程
第8回   社会的生産編成形成のプロセス
第9回   資本蓄積
第10回 生産編成の結果としての構造
第11回 資本の競争と超過利潤
第12回 〔機構発生論〕商業機構
第13回 金融機構
第14回 株式会社
第15回 景気循環のメカニズムと機能
-

小テスト2回、期末テスト1回











 
教科書・参考書等 教科書は特に指定しない。
参考書は、山口重克『経済原論講義』東京大学出版会。 
授業で使用する
メディア・機器等
プリント 
予習・復習への
アドバイス
予習・復習には、参考書の該当箇所を参考にすること。
第1回  〔市場形態論〕商品形態
『経済原論講義』第1篇第1章第1節
第2回   貨幣の発生
『経済原論講義』第1篇第1章第2節
第3回   貨幣機能 1購買機能、2価値尺度機能
『経済原論講義』第1篇第2章第1節
第4回   貨幣機能 3流通手段機能、4富の保存・蓄積機能
『経済原論講義』第1篇第2章第2-3節
第5回   資本形式 1商人資本的形式
『経済原論講義』第1篇第3章第1節
第6回   資本形式 2産業資本的形式、3金貸し資本的形式
『経済原論講義』第1篇第3章第2-3節
第7回  〔生産編成論〕社会存続と労働・生産過程
『経済原論講義』第2篇第1章
第8回   社会的生産編成形成のプロセス
『経済原論講義』第3篇第1章第2節
第9回   資本蓄積
『経済原論講義』第2篇第3章第3節
第10回 生産編成の結果としての構造
『経済原論講義』第2篇第2章第2-3節
第11回 資本の競争と超過利潤
『経済原論講義』第3篇第1章第3節
第12回 〔機構発生論〕商業機構
『経済原論講義』第3篇第2章第1節
第13回 金融機構
『経済原論講義』第3篇第2章第2節
第14回 株式会社
『経済原論講義』第3篇第2章第3節
第15回 景気循環のメカニズムと機能
『経済原論講義』第3篇第3章
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 小テスト(20%×2回)と期末試験(60%)。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ