広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 法学部法学科昼間コース
講義コード F1994224 科目区分 専門教育科目
授業科目名 統治システム論
授業科目名
(フリガナ)
トウチシステムロン
英文授業科目名 Governmental System
担当教員名 横藤田 誠
担当教員名
(フリガナ)
ヨコフジタ マコト
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 火9-10:法・経B257
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 法学
対象学生  
授業のキーワード 憲法 統治機構 立憲主義 民主主義 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
ビジネス法務プログラム
(知識・理解)
・法学・政治学・社会学を中心とした社会科学における基本的諸視点に関する知識・理解

公共政策プログラム
(知識・理解)
・法学・政治学・社会学を中心とした社会科学における基本的諸視点に関する知識・理解

法政総合プログラム
(知識・理解)
・法学・政治学・社会学を中心とした社会科学における基本的諸視点に関する知識・理解 
授業の目標・概要等 日本国憲法が規定する統治機構は,どのような歴史的背景により,またいかなる構成原理によって成立したのかを考察するとともに、統治機構に関する諸規定の解釈論を展開する。 
授業計画 1.「統治システム」の危機と改革:日本の統治,大丈夫か!?
2.統治の基本原理:立憲主義と民主主義
3.日本憲法史:明治憲法体制の生成・展開,日本国憲法制定史
4.国民主権と代表制・政党
5.権力分立・議院内閣制
6.選挙
7.国会(1):議会制の意義
8.国会(2):国会の地位と権限
9.国会(3):二院制,議院自律権,会期制,国会議員の特権
10.内閣(1):内閣の地位と権限
11.内閣(2):内閣総理大臣,内閣の組織・運営,内閣と官僚制
12.裁判所(1):裁判所の地位,司法権の観念とその限界
13.裁判所(2):裁判所の組織,裁判員制度,裁判所の権能,司法権の独立
14.裁判所(3):違憲審査制
15.平和・安全保障

毎回授業後にコメントを提出してもらう他に,憲法に関する古典を素材とするレポート提出を求める。最後に論述試験を行う。 
教科書・参考書等 教科書:毛利透ほか『憲法Ⅰ統治』(有斐閣,2011年)*新版が刊行されればそれによる。
参考書:随時紹介する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像資料 
予習・復習への
アドバイス
講義内容と毎回配布する資料に基づいてコメントを書くなかで,統治システムに関する自身の見解を言語化し,それを踏まえて次回のテーマについて考えをめぐらせてほしい(ウェブでのコメント入力について初回に説明する)。受講者が教科書の該当部分を当然読んでいるものとして授業を進める。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 ほぼ毎回のコメント入力(30%)
指定する文献に関するレポート(20%)
期末試験(50%) 
メッセージ 現実の政治の根底に,実は「歴史」と「思想」のうねりがあることを我々は忘れがちです。現在と過去,憲法規定と現実,思想史と現代の論説を行きつ戻りつすることによって,政治や統治のダイナミズムを実感しましょう。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ