広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 法学部法学科昼間コース
講義コード F1981124 科目区分 専門教育科目
授業科目名 中国法
授業科目名
(フリガナ)
チュウゴクホウ
英文授業科目名 China law
担当教員名 葛 虹
担当教員名
(フリガナ)
カツ コウ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 月7-8:法・経B159
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、パワーポイント及び板書多用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 法学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 本講義は、現代中華人民共和国の法制度全体について解説する。具体的には、(1)その法源、裁判制度、紛争解決方法及び法曹制度など、中国法制度の構造に関する基本知識を解説する。(2)中国憲法、家族法、財産法、労働法、環境保護法、会社法など、主な代表的な法律について解説する。 
授業計画 第1回 ガイダンス、中国法制史
第2回 中国の憲法(統治機関・人権)
第3回 中国の裁判制度Ⅰ(政治家薄熙来氏の刑事裁判を例として)
第4回 中国の裁判制度Ⅱ(三井商船所有船舶の差押事件を例として)
第5回 中国の家族法Ⅰ(婚姻法)
第6回 中国の家族法Ⅱ(計画生育法)
第7回 中国の家族法Ⅲ(相続法)
第8回 中国の物権法Ⅰ(所有権、用益物権、担保物権)
第9回 中国の物権法Ⅱ(財産権利の保障と強制収用)
第10回 中国の知的財産法(クレヨン新ちゃん商標権及び著作権侵害事件を例として)
第11回 中国の環境保護法(環境公益訴訟)
第12回 中国の労働法(南海本田スト事件を例として)
第13回 中国の戸籍及び社会保障に関する法制度
第14回 中国の会社法(国有企業、民間企業、外資系企業)
第15回 中国の証券取引法

第8回及び第13回授業で小テストがある(配布資料持込可)。
第15回授業後、レポートの提出が必要である。
 
教科書・参考書等 参考書:「現代中国法入門(第7版)」( 木間正道ほか、有斐閣、2016年)
    「入門中国法」(田中信行編 弘文堂、2013年)
    「はじめての中国法」(田中信行、有斐閣、2013年)
 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,パワーポイント使用 
予習・復習への
アドバイス
毎回授業終了後、参考書又は配布資料の該当部分を読む。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 レポート(1回)70%、小テスト(2回)計20%及び平常点10%により行う。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ