広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 法学部法学科昼間コース
講義コード F1705225 科目区分 専門教育科目
授業科目名 演習4
授業科目名
(フリガナ)
エンシュウ
英文授業科目名 Seminar 4
担当教員名 森邊 成一
担当教員名
(フリガナ)
モリベ セイイチ
開講キャンパス 東広島 開設期 4年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 水7-8:法・経A504
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 政治学
対象学生 原則として4年生以上
授業のキーワード  政治課程、公共政策、政策過程、 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 演習1に同じ。 
到達度評価
の評価項目
ビジネス法務プログラム,公共政策プログラム共通
(実践的能力・技能)
・現代の法、政治、国際情勢、社会などの制度、構造に関する諸問題の分析・検討を行い、関連 する制度や法規を適切に対応させることなどを通して、論点を整理することができる。
・現代企業が抱える諸問題の分析・検討を行い、関連する制度や法規を適切に対応させることなどを通して、論点を整理することができる。
・現代の法、政治、国際情勢、社会などの制度、構造に関して、批判的に考察し、自己の主張を説得的に展開して、問題解決の方向を示すことができる。
・現代企業に関する様々な諸問題について、批判的に考察し、自己の主張を説得的に展開して、問題解決の方向を示すことができる。
(総合的能力・技能)
・現代社会が抱える諸問題の中からテーマを見つけ、資料・情報を収集・分析して報告し、レポートとしてまとめることができる。
・特定のテーマに関する報告ないし発表において、自己の研究成果や具体的解決の提案を、ディスカッションを含めて、効果的にプレゼンテーションをすることができる。

ビジネス法務プログラム
(実践的能力・技能)
・現代企業が抱える諸問題の分析・検討を行い、関連する制度や法規を適切に対応させることなどを通して、論点を整理することができる。
・現代企業に関する様々な諸問題について、批判的に考察し、自己の主張を説得的に展開して、問題解決の方向を示すことができる。
(総合的能力・技能)
・現代社会が抱える諸問題の中からテーマを見つけ、資料・情報を収集・分析して報告し、レポートとしてまとめることができる。
・特定のテーマに関する報告ないし発表において、自己の研究成果や具体的解決の提案を、ディスカッションを含めて、効果的にプレゼンテーションをすることができる。

公共政策プログラム
(実践的能力・技能)
・現代の法、政治、国際情勢、社会などの制度、構造に関する諸問題の分析・検討を行い、関連 する制度や法規を適切に対応させることなどを通して、論点を整理することができる。
・現代の法、政治、国際情勢、社会などの制度、構造に関して、批判的に考察し、自己の主張を説得的に展開して、問題解決の方向を示すことができる。
(総合的能力・技能)
・現代社会が抱える諸問題の中からテーマを見つけ、資料・情報を収集・分析して報告し、レポートとしてまとめることができる。
・特定のテーマに関する報告ないし発表において、自己の研究成果や具体的解決の提案を、ディスカッションを含めて、効果的にプレゼンテーションをすることができる。 
授業の目標・概要等 (演習のテーマ)
 演習1のシラバスに示されたように、各自のテーマに沿って研究・報告します。
(スケジュール)
 前期に学習したテキストを参照しながら、夏休み中に各自が選定してきたテーマについて、各自が調査を進め、口頭報告(レジュメなどを用いて)します。報告を受けて、参加者全員から、様々な質問を受けて、討論します。
 これを通じて、公共政策や政治過程に対する分析能力、および口頭でのプレゼンテーション能力や会議等での討論の能力を身につけることをめざします。
(すすめ方) 3・4年生合同のゼミを予定しています。通例,順番に各自が自己のテーマについて報告し,全員で疑問点,問題点を討論します。なお,4年生は卒業レポートを提出し、懸賞論文に応募することが望ましいとさけています。 
授業計画 参加者による、各自のテーマに即した報告、討論。
第一回 各自の選んだテーマについての確認、選択の動機・問題意識、文献リスト
   の点検
第二回 (前回の続き)各自の選んだテーマについての確認、選択の動機・問題
   意識、文献リストの点検
第三回 それぞれのテーマにそった個人報告と全体討論
第四回 以下、上記に同じ。
第五回 同上 ・・・・・・
第六回 同上
第七回 同上
第八回 同上
第九回 同上
第十回 同情するなら金をくれ
第十一回 どうじょ
第十二回 同上
第十三回 同上
第十四回 同上
第十五回 年間のまとめ 打ち上げパーティ。

試験は実施しません。 
教科書・参考書等  教科書は指定しない。報告者が文献リストを提示し、そのつど担当教員から補足する。
 演習形式で参加者の個人報告を中心に授業を進める。
学生による発表と学生による討論、教員のアドバイスとコメントを行う。
 
授業で使用する
メディア・機器等
 参加者の用意したレジュメ,映像など。 
予習・復習への
アドバイス
 各自が、自分の関心に沿って選んだテーマについて、資料を収集し、分析し、レジュメなどを準備し口頭報告します。準備段階で、分からないこと、疑問なこと、やり方が分からないことについては、気軽に指導教員の先生にたずねましょう。 
履修上の注意
受講条件等
演習は、毎回出席が原則です。
学生の希望があれば、冬休み等に、ゼミ合宿を実施することがある。 
成績評価の基準等 演習での口頭報告の内容(50%)と討論への参加状況(50%)とを見て、総合して判断する。 
メッセージ 暑い夏にも、クールな秋にも、ホットな議論を望みます。
美味しいお菓子をたくさん食べたい。 
その他 Slowly but surely! 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ