広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 法学部法学科昼間コース
講義コード F1466232 科目区分 専門教育科目
授業科目名 Communication in TOEIC(R) II
授業科目名
(フリガナ)
コミュニケーション イン トーイック 2
英文授業科目名 Communication in TOEIC(R) 2
担当教員名 杉脇 理恵
担当教員名
(フリガナ)
スギワキ リエ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 水3-4:法・経B155
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義, リスニング、スピーキング 
単位 2 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 22 : 語学教育
学問分野(分科) 22 : 英語圏
対象学生 2年次生以上
授業のキーワード Active studying  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
TOEIC演習問題等を通して語彙力・読解力・リスニング力の養成と運用能力への基礎作り 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 2016年5月より改定されたTOEIC Listening & Reading Test新形式に対応した演習問題を通して、出題形式や頻出表現を確認し、各Partにおける正しい問題へのアプローチの仕方や勉強方法などを習得することにより、TOEICテストに必要な英語の基礎力をつけていく。また、問題を解くだけなく、既習した語彙や表現などを実際に声に出して使う(音読、repeating, shadowingなど)ことにより、スコアアップのみならず英語でのコミュニケーション実践のための基礎体力をつける。英語を声に出すことに慣れる。 
授業計画 第1回 Unit 8 Personnel
第2回 Unit 8 Review
第3回 Unit 9 Advertising
第4回 Unit 9 Review
第5回 Unit 10 Meetings
第6回 Unit 10 Review
第7回 Unit 11 Finance
第8回 Unit 11 Review
第9回 Unit 12 Offices
第10回 Unit 12 Review
第11回 Unit 13 Daily Life
第12回 Unit 13 Review
第13回 Unit 14 Sales & Marketing
第14回 Unit 14 Review
第15回 Unit 15 Events

後期試験実施 / 授業内で指示した課題の提出もあり / 上記の進度は受講生の理解度により変更することもある 
教科書・参考書等 HE HIGH ROAD TO THE TOEICR  LISTENING AND READING TEST (株式会社 金星堂 税別1900円)*前期と同じテキスト 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,音声教材,配布資料 
予習・復習への
アドバイス
<予習>授業内で指示した箇所の問題を解答したうえで出席する場合もあり
<復習>リスニングパート→既習箇所のスクリプトを見て、音声リピート、音読などの口頭練習
      リーディングパート→スラッシュリーディング、口頭訳出などの練習 
履修上の注意
受講条件等
使用テキストにはCDが付属されていないため、PCやスマートフォンでテキストの音声ファイルを金星堂のサイトからダウンロードしていただく必要があります。 
成績評価の基準等 定期試験70% 平常点30%(指示した課題の提出の有無、提出期限、完成度による) 
メッセージ TOEIC L&Rのスコアを本気でアップさせたい方の受講をお勧めします。TOEIC L&RのスコアはInput学習(聞く、読む)だけで伸ばすには限界があります。Output量を増やすことによって、より高いスコアが期待できるため、授業内ではどんどん受講生の発話を求めていきます。また英語を実際に音読やrepeatingすることによって、「教科」としての英語ではなく「言葉」としての英語を習得し、コミュニケーションのツールとして将来に活用できる基礎を築いていきます。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ