広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 法学部法学科昼間コース
講義コード F1321523 科目区分 専門教育科目
授業科目名 国際政経特講
授業科目名
(フリガナ)
コクサイセイケイトッコウ
英文授業科目名 Special Lecture in International Political Economy
担当教員名 鈴木 一敏
担当教員名
(フリガナ)
スズキ カズトシ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 火5-8:法・経B157
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 政治学
対象学生  
授業のキーワード 国際政治経済、貿易自由化、通商摩擦 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 通商問題に関する重要なテーマをいくつか選び、最新の研究成果も織り交ぜつつ、深く掘り下げた議論を紹介することで、国際政治経済学における研究のあり方について理解を深めてもらうことが目的です。 
授業計画 ガイダンス、事務連絡
日米経済摩擦(1)
日米経済摩擦(2)
相互交流と経済摩擦
摩擦と経済政策
「外圧」とは何か?
「外圧」はなぜ効くのか?
「外圧」の種類とメカニズム
「外圧」の実証分析
90年代以降の通商摩擦の傾向
多国間の紛争解決手続(1)
多国間の紛争解決手続(2)
多角的自由化と地域主義(1)
多角的自由化と地域主義(2)
地域主義と日本の戦略

上記のように、
・日米経済摩擦のパターンとメカニズム
・経済交渉における圧力
・GATT・WTOにおける紛争解決
・多国間主義と地域主義
といったテーマについて掘り下げた議論を行う予定です。
ただし、授業の進度や受講者の関心、研究や現実問題の進展等により、内容や順序を変更することがあります。 
教科書・参考書等 講義形式です。必要に応じてレジュメまたはプロジェクタ等を準備します。参考文献等はその都度指示します。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
レジュメは配布しますが、テキストは存在しませんので、きちんとノートを取って復習されることをお勧めします。 
履修上の注意
受講条件等
前期開講の「国際政治経済学」が主要な理論を幅広く紹介するのに対して、この授業では、特定のテーマについて詳しい議論を紹介します。どちらを先に履修しても構いません。 
成績評価の基準等 期末試験により評価します。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ