広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 法学部法学科昼間コース
講義コード F1246212 科目区分 専門教育科目
授業科目名 政治学原論
授業科目名
(フリガナ)
セイジガクゲンロン
英文授業科目名 The Principles of politics
担当教員名 牧野 雅彦
担当教員名
(フリガナ)
マキノ マサヒコ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 月1-4:法・経B155
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 政治学
対象学生 2年次生以上
授業のキーワード 権力 共存のための技術 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
政治学の基礎理論、ならびに関連学科についての導入。 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(社会・地理歴史・公民)プログラム
(知識・理解)
・中等社会系公民領域の教育内容に関する基本的な知識が身に付いている
(能力・技能)
・社会系内容領域の資料・データを収集・読解し,分析・批評できる

ビジネス法務プログラム
(知識・理解)
・法学・政治学・社会学を中心とした社会科学における基本的諸視点に関する知識・理解

公共政策プログラム
(知識・理解)
・法学・政治学・社会学を中心とした社会科学における基本的諸視点に関する知識・理解

法政総合プログラム
(知識・理解)
・法学・政治学・社会学を中心とした社会科学における基本的諸視点に関する知識・理解 
授業の目標・概要等  権力現象についての基礎理論から出発して、政治とは何か、政治学とは何か、といった問題を考える。
 
授業計画 第1回 政治学とは何か
第2回 権力の基礎理論
第3回 政治とは何か 
第4回 権力と支配
第5回 代表制の諸類型
第6回 政党はなぜ必要か?
第7回 レポートについての中間講評
第8回 近代政党の形成 その一
第9回 近代政党の形成 その二
第10回 選挙と政党システム その一
第11回 選挙と政党システム その二
第12回 体制変動をめぐる諸問題 その一
第13回 体制変動をめぐる諸問題 その二
第14回 国民国家とナショナリズム
第15回 政治と公共性 

期間中に適宜理解度確認のための試験を実施する。 
教科書・参考書等 講義形式(講義中心)
教科書 牧野雅彦『共存のための技術』大学教育出版
参考文献として牧野雅彦『はじめての政治学』平凡社新書

           
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料, 
予習・復習への
アドバイス
それぞれの回に対応する教科書の章を読んでおくと理解が深まる。
復習の際には脚注ならびに「演習問題」も参考にすること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 講義の理解度に基づいて評価する 
メッセージ  
その他 ターム制移行のため従来とは講義のやり方が変わります。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ