学生生活のサポート

授業料免除

☆☆☆☆ お知らせ ☆☆☆☆

平成30(2018)年度後期分授業料免除申請について

平成30年7月豪雨災害において被災された方は授業料免除の

申請をしていただけます。

対  象:家屋の損壊 又は 学資負担者の死亡或いは行方不明

提出書類:①罹災証明書(コピー可)又は死亡診断書(コピー)等

     ②授業料免除申請書(様式1-1)

     ③誓約書 学生用 及び 大学用(様式1-2)

     ④授業料免除申請受付票(様式5)

※②~④の書類は,このページ下欄の「平成30(2018)年度後期分授業料免除申請要領・各種様式(新規,継続又は留学生)」からダウンロード(印刷)して,必要事項を記入の上で提出してください。

提出期間:平成30(2018)年8月6日(月)~9月28日(金)

(土・日・祝日及び8月13~15日を除く。)

提出場所:東広島キャンパスの学生  :学生プラザ3階授業料免除窓口

     霞・東千田キャンパスの学生:各キャンパスの学生支援グループ

平成30年度前期分授業料免除申請の選考結果は,7月31日(火)を予定しています。

授業料免除申請者は,「My もみじ」に結果を通知しますので、ご確認ください。

後期の申請予約が、当初予定していた予約数を超えたため、

9/20(木)、9/21(金)、9/25(火)、9/26(水)、

10/3(水)、10/4(木)受付日を設けて受付をを行います

ので、予約システムで予約を行ってください。


予約した日時に受付会場の学生プラザ1Fに申請書類を持って

お越しください。

booking system.jpg

マニュアルはこちら

予約可能期間は平成30(2018)年7月13日8:30~8月22日23:59まで、キャンセルは8月22日23:59までしかできませんので、予約をする際にはしっかりとスケジュールを確認してください。予約日時に来られず無断キャンセルされた場合、申請ができなくなります。原則として、キャンセルは受け付けません。

ただし、体調不良等の事情でキャンセル可能期間外にキャンセルする場合、授業料免除担当(082-424-6163、6138)に連絡をしてください。

後期の書類のダウンロードは、7月20日から開始しました。

しおりをよく読み、必要書類を受付日までに準備してください。

日程については公開しております。こちらをご覧ください

予約システムは7月13日(金)8:30からオープンしています。

8月22日までが予約可能期間ですので、

お早めの予約をお願いします。



授業料免除申請手順 

(在学生 東広島・霞・東広島会場)

※全キャンパスの学生

① 「授業料免除受付予約システム」で申請受付日を予約する。  

② 平成30年度後期分授業料免除申請要領・各種様式から様式をダウンロードし,必要書類を準備する。  

③ 予約した受付日・時間に,学生証・免除申請必要書類を持参し受付会場で申請を行う。  






授業料免除申請手順 

(新入生 東広島・霞・東千田会場(内部進学含む))

① 平成30年度後期分授業料免除申請要領・各種様式から様式をダウンロードし,必要書類を準備する

② 受付期間内に,学生証・免除申請必要書類を持参し受付会場で申請を行う。


受付日を過ぎた申請や代理申請,郵送による申請は

原則として認めませんのでご留意ください。

授業料免除申請要領・各種様式は以下のページからダウンロードしてください。

平成30年度 後期分 授業料免除の受付期間及び提出先はこちら

【重要】2018年度前期に授業料免除申請を行った人は、

提出書類を一部簡略化できます。

様式等は、以下から該当する方をクリックして

ダウンロードしてください。

<継続申請>

平成30(2018)年度前期に申請をした人はこちら

平成30(2018)年度後期分授業料免除申請要領・各種様式(継続)

<新規申請>

平成30(2018)年度前期に申請をしていない人はこちら

平成30(2018)年度後期分授業料免除申請要領・各種様式(新規)

<留学生申請>

留学生はこちら

平成30(2018)年度後期分授業料免除申請要領・各種様式(留学生)

 広島大学では、インターネット予約を利用した受付予約システムを導入しています。下記バナー入口からシステムに入り、事前予約をしてください。

※受付予約がない方は,授業料免除申請ができませんのでご注意ください。


※新入生(学部から博士課程前期進学者,博士課程前期から後期進学者,編入学生含む)は予約不要です。指定日に申請会場にお越しください。

授業料免除制度

 授業料免除制度は,経済的な理由などにより授業料を納付することが困難な人が,所定の申請を行うことで,納付すべき授業料の全額または半額の免除を受けることができる制度です。
 免除者の選考は,一定の学力基準を満たしている人について,予算の範囲内で,家庭の経済状況等により困窮度の高い人から,全額免除,半額免除,不許可の順に行います。

   入学料免除についてはこちら


1.免除申請ができる人

 次の(1)または(2)に該当する人です。

(1)経済的理由により,授業料を納付することが困難で,かつ,一定の学力基準を満たしている人


(2)授業料の各期ごとの納付月前6か月以内(新入学生は入学年度の最初の学期に限り入学前1年以内)に,以下の理由によ
り,授業料の納付が困難となった人
  (納付月前6か月以内とは,前期申請では前年の10月1日以降を,後期申請では今年の4月1日以降をさします。)


 (ア)学資負担者が死亡した場合
 (イ)本人又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合 (熊本地震等)
 (ウ)学資負担者が失職し,申請時現在未就職の場合
    (失職とは,会社倒産,解雇により職を失う場合であり,定年退職,勧奨退職等自己都合による退職は含みません。)
 (エ)学資負担者が申請時現在長期療養中である場合
    (長期療養中とは,見込みを含め6か月以上の療養が必要で就業不能の状態にある場合をいいます。)

  授業料免除の学力基準・家計基準についてはこちら


2.申請方法等

(1)平成30(2018)
年度後期分授業料免除申請要領・各種様式について

○ 免除申請を希望する人は,毎回上記から申請要領・各種様式を入手して,免除の申請を行う必要があります。
  「しおり」には,申請に際して提出すべき書類,提出方法等が記載されています。
  「しおり」をよく読んで,必要な書類を整え,必ず指定された期間内に申請してください。

○ 各様式はウェブページからダウンロードしたものを使用してください。

○ 一度提出された書類は,返還や閲覧ができません。免除申請所定の様式や所得証明書,医師の診断書,戸籍謄本,住民票等,原本の提出を指定するもの以外は,コピーを提出してください。

 

平成30(2018)年度後期分授業料免除申請要領・各種様式


(2)平成30(2018)年度後期分授業料免除の受付期間及び提出先

○ 学生本人が,必要書類を整えて,受付期間内に指定された場所に,持参して行います。
○ 受付期間以外は受付できませんので,よく確認して提出してください。 なお,受付期間および受付時間は毎回変更される可能性があるので,注意してください。
○ やむを得ない事情により,受付期間内に提出できない場合は,必ず受付期間が
始まる前に学生生活支援グループへ連絡してください。
  受付期間が始まる前に連絡がない場合,受付期間を過ぎての受付は,一切行わないので,注意してください。  

平成30(2018)年度 後期分 授業料免除の受付期間及び提出先はこちら

3.結果通知

(1)免除結果の通知時期
  前期申請 : 7月下旬(予定)
  後期申請 : 12月下旬(予定)

(2)通知方法
  免除結果は,Myもみじにて通知します。
  半額免除または不許可となった人は,免除結果通知で指定した期限までに,該当の授業料を納付してください。


4.注意事項

○ 免除申請は,前・後期ごとにそれぞれ行う必要があります。
  平成30(2018)年度前期の申請受付から、インターネット予約を利用した受付予約システムを導入しています。
  「お知らせ」にあるバナー入口から入り、事前予約をしてください。

○ 
申請者は,免除の結果通知があるまでは,支払いが猶予されますので,授業料を納付しないでください。
  (納付した授業料は返還できません。免除申請は取り下げていただくこととなりますので注意してください。)

○ 申請要領等をよく読んで,申請時に不備・不足が無いように努めてください。
  不明な点等があれば,「5.照会先」へ連絡してください。


5.照会先

 広島大学 教育
室教育部 学生生活支援グループ(授業料免除担当)
  〒739-8514 東広島市鏡山一丁目7番1号 (学生プラザ3階)
  Tel : (082)424-6138,6163
  Fax : (082)424-6159


TOPへ戻る