学生生活のサポート

入学料免除・入学料徴収猶予

入学料免除・入学料徴収猶予制度

 入学料を納付することが困難な人に対して,入学料の全額または半額を免除する制度,および一定期間(4月入学者は当該年度の8月末日まで,10月入学者は当該年度の2月末日まで)入学料の納付を猶予する制度を設けています。
 免除または徴収猶予の選考は,本人の申請に基づき行い,決定は,家庭の経済状況等により困窮度の高い人から順に予算の範囲内で行います。

 授業料免除についてはこちら

平成28年度入学料免除結果状況


1. 入学料免除申請ができる人

(1)学部入学者の場合

 入学する前年の4月(※)から入学手続時までの間に,以下の理由が発生したことにより入学料の納付が困難となった人を対象とします。(※10月入学者は,4月を10月に読み替えてください。)
 (ア) 学資負担者が死亡した場合
 (イ) 本人又は学資負担者が災害を受けた場合
 (ウ) 学資負担者が失職(アルバイトは除く)し,申請時現在未就職の場合
  (失職とは,会社倒産,解雇等により職を失った場合であり,定年退職,勧奨退職,自己都合による退職等は含みません。)
 (エ) 学資負担者が申請時現在長期療養中の場合
  (長期療養中とは,見込みも含めて6か月以上の療養が必要で,就業不能の状態にある場合とします。)

(2)大学院及び専攻科入学者の場合

以下1)または2)のいずれかに該当する人を対象とします。

 1) 大学院研究科又は専攻科に入学する人で,経済的理由により入学料の納付が困難であり,学業優秀と認められる人
 2) 上記「(1)学部入学者の場合」の(ア)から(エ)のいずれかに該当する人


2.入学料徴収猶予申請ができる人

以下1)または2)のいずれかに該当する人を対象とします。

 1) 学部,大学院研究科,専攻科に入学する人で,経済的理由により入学料の納付が困難であり,学業優秀と認められる人

 2) 入学する前年の4月(※)から入学手続までの間に,以下の理由が発生したことにより入学料の納付が困難となった人(※10月入学者は4月を10月と読み替えてください。)
 
 (ア)学資負担者が死亡した場合
 (イ)本人又は学資負担者が災害を受けた場合
 (ウ)学資負担者が失職(アルバイトは除く)し,申請時現在未就職の場合
  (失職とは,会社倒産,解雇等により職を失った場合であり,定年退職,勧奨退職,自己都合による退職等は含みません。)
 (エ)学資負担者が申請時現在長期療養中の場合
  (長期療養中とは,見込みも含めて6か月以上の療養が必要で,就業不能の状態にある場合とします。)

3. 申請方法等(免除・徴収猶予共通)

(1)「入学料免除・入学料徴収猶予申請のしおり」について 

 免除又は徴収猶予を希望する人は,「入学料免除・徴収猶予申請のしおり」を入手する必要があります。「しおり」には,申請に際して提出しなければならない書類,申請方法等が記載されています。 

(2)申請書類の提出方法等について  

対 象

配 布 場 所

大学院・専攻科入学者

入学する研究科等の学生支援室担当窓口または教育室教育部学生生活支援グループ(学生プラザ3階)で配布します。郵送で請求する場合は,合格通知書と共に送付される「入学案内」を参照してください。

学部入学者

合格通知書と共に送付される「入学生の手引」の中に,手続方法や提出書類等を記載していますので,必ず参照してください。 入学手続の前に,電話で対象者であるかの資格確認を行ってください。対象者である場合は,「入学料免除(徴収猶予)申請書」「事情調書」及び「返信用封筒」を,入学手続時に,入学手続担当窓口に提出してください。おって,「しおり」を教育室教育部学生生活支援グループから郵送します。

対 象

提出期間, 提出先, 提出方法

大学院・専攻科入学者

<提出期間>
入学予定の研究科または専攻科が定めた入学手続期間(ただし,土・日曜日及び祝日は除きます。)

<提出先及び提出方法>
◎入学手続書類を郵送する場合  
 【提出先】:入学手続窓口
 【提出方法】:各研究科入学手続窓口へ,入学手続書類と併せて,免除等申請書類を郵送してください。
 
◎入学手続書類を持参する場合
 【提出先】:教育室教育部学生生活支援グループ(霞,東千田キャンパスで入学手続を行う人は,入学手続窓口)
 【提出方法】:入学手続を行う前に,教育室教育部学生生活支援グループに申請書類を提出し,その後入学手続窓口で入学手続を行ってください。(霞,東千田キャンパスで入学手続を行う人は,入学手続書類と併せて,免除等申請書類を入学手続窓口に提出してください。)

学部入学者

<提出期間>
入学手続期間内に申請を行ってください。

<提出先及び提出方法>
「入学料免除・徴収猶予申請のしおり」をよく読み,必要書類を整えて,指定された期日までに教育室教育部学生生活支援グループあて郵送または持参してください。


(3)決定時期,結果通知方法について

 1)決定時期
  4月入学者 ...  6月中旬(予定)
  10月入学者 ... 11月下旬(予定)

 2)通知方法
  「学生情報の森 もみじ」の「My もみじ」で結果発表日をお知らせした後,申請者本人に決定通知書を手渡します。


4.注意事項

○ 入学手続の際に入学料を納付した人は申請できません。
○ 入学料免除と入学料徴収猶予の併願はできません。
○ 申請者は,許可・不許可の決定が出るまでの間,入学料の支払いが猶予されます。決定が出るまでに入学料を納付した場合は,免除を受ける資格を失いますので,注意してください。


5.照会先

 広島大学 教育室教育部 学生生活支援グループ (入学料免除担当)
 〒739-8514 東広島市鏡山一丁目7番1号 (学生プラザ3階)
 Tel : (082)424-6163, 6138  Fax : (082)424-6159


TOPへ戻る