学生生活のサポート

令和2年度大学院奨学生(令和2年10月入学者)の募集について

 このことについて,本年度の10月入学者が確定次第,日本学生支援機構あてに推薦枠を配分要求する予定です。
ついては,入学後(令和2年10月入学者のみ)に奨学金の貸与を希望する方は,合格発表後速やかにその旨を教育室教育部学生生活支援グループ奨学金担当へご連絡ください。(期限:9月16日(水)・連絡先は次の連絡先及び照会先を参照)
申請書類は推薦枠が決定次第,連絡のあった方にのみ配付します。(10月末頃)
また全国の入学者数・支援機構の予算状況等によっては,本学への配分ゼロの可能性もありますので,あらかじめご了承ください。

連絡先及び照会先 広島大学 教育室教育部学生生活支援グループ 奨学金担当 (学生プラザ3F)
〒739-8514 東広島市鏡山1−7-1
電話(082)424−6167
Eメールgkeizai-group@office.hiroshima-u.ac.jp
(@は半角@に置き換えてください)

  ♦ 募集する奨学金や申込方法の概要は次のとおりです。


1.奨学金の種類等

第一種(無利子) 第二種(有利子) 入学時特別増額貸与(有利子)






修士・博士課程前期 5万円・8万8千円から選択

5万円・8万円・10万円・13万円・15万円

から選択

10・20・30・40・50万円
(平成30年度に入学した者のみが対象で,第一種または第二種の基本月額に増額して最初の1回のみ貸与)

博士課程後期 8万円・12万2千円から選択
博士医歯獣医課程
貸与始期 10月 入学時のみ
初回振込予定日 12月11日(金)

※ 日本学生支援機構奨学金は在学中の貸与であり,卒業後に返済義務の生じる負債であることを理解し,必要以上に借り過ぎることのないよう注意してください。


2.申込資格

 本年10月に本学大学院に入学し,「人物・健康・学力・家計」の基準を満たす者。
留学生は対象外ですが,外国人であっても在留資格が「永住者」・「永住者の配偶者等」の場合は申込みができる場合があります。
 詳細は,広島大学教育室教育部学生生活支援グループに問い合わせるか,日本学生支援機構のホームページを参照してください。


3.申込みに必要な書類

 配付する申込用紙のほかに次の書類が必要ですので,あらかじめ用意しておけば余裕を持って申込みできます。

(1)収入に関する書類(本人や配偶者の収入の種類に応じた書類。両親の収入に関する書類は必要ありません。)

(1)本人・配偶者に定職収入がある場合 令和元年(1~12月)の収入を証明できるもの(本人・配偶者それぞれに関するもの)
・給与所得者は,令和元年源泉徴収票
・自営業等は確定申告書(控)の写(税務署の受付印があるものに限る。受付印がない場合は市町村役場発行の所得証明書も添付すること。)
(2)奨学金 採用決定通知書の写し等,奨学金受給額がわかるもの(他大学出身者のみ)(申請中のものは除く。)
(3)アルバイト収入

令和元年(1~12月)の総額が100万円を超える者は,アルバイト先の令和元年源泉徴収票または給与支払証明書等を提出。

(4)その他の収入 その収入額を証明できるもの。
(5)転・退職等により,令和元年(1~12月)の収入に対して,令和2年の収入にかなりの変動がある場合 令和2年の収入のわかるもの
・給与支払(予定)証明書
・月収証明書
・年収見込証明書     等

 ►保証制度についてはこちら

 ►機関保証制度についてはこちら

 ►推薦所見.xlsx(令和2年度途中から提出不要となりました)


5.その他留意事項

(1)本奨学金は貸与制です。真に奨学金が必要な方のみ申し込まれるようお願いします。
(2)教育・研究職に就職した場合の返還免除制度は,平成15年度採用者までで廃止されました。代わって平成16年度から各専攻分野で特に優れた業績をあげ た学生を対象とした返還免除制度が実施されています。


♦ 奨学金情報

(1)日本学生支援機構のホームページ http://www.jasso.go.jp/

(2)広島大学のホームページ
http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html → 広島大学学生情報の森「もみじ」
→ 学生生活のサポート → 経済支援 → 奨学金
(日本学生支援機構以外の給貸与奨学金情報も掲載しています。)

令和2年8月

広島大学教育室教育部学生生活支援グループ奨学金担当


TOPへ戻る