イベント&ニュース

【参加者募集】(10/1 申込締切)たおやかプログラム One Day Study Tour 大久野島/(Oct. 1: Application deadline) TAOYAKA Program - One Day Study Tour to Okunoshima 2019/9/5

5年一貫の博士課程教育プログラム「たおやかで平和な共生社会創生プログラム」では、One Day Study Tourへの参加者を募集します。

‐ウサギ観光ブームを通して考える大久野島と忠海のこれから‐

今回のたおやかプログラムスタディツアーでは、ウサギの島として世界中に知られるようになった大久野島における観光ブームを通して、、大久野島および大久野島への入り口である忠海の町が直面する課題を、たおやかプログラム学生と一緒に学びます。日・英の通訳が付きますので、日本語や英語に自信がない方もお気軽にご参加ください。

概略:
「ウサギの楽園」と呼ばれ、近年、多くの観光客が訪れるようになった大久野島。特に外国人観光客数は2013年までは年間400人に満たなかったものが、2015年には1万7000人を超えた(Usui et al., 2017)。日本政府がインバウンド観光を推進しているが、地方の多くの観光地において、その取り組みの効果があまり見られない状況を考慮すると、大久野島におけるインバウンド観光の発展は珍しい事例であり、地域の活性化が期待される。では、大久野島における観光ブームが地域にもたらしたものは何か?本研修では、大久野島で活動されている方々、および忠海に住む方々からのヒアリングを通して、観光が大久野島や忠海にもたらした影響を整理し、大久野島と忠海のこれからのまちづくりについて議論する。

■ 日 時:10月18日(金)8:15-17:30
※可能な限り10月11日(金)16:20-17:50の事前講義(英語のみ)にもご参加ください。
■ 場 所:広島県竹原市忠海町&大久野島
■ 対 象:学部生・博士前期課程の学生
■ 締め切り:10月1日(火)17:00迄
※応募者多数の場合、抽選のうえ結果をご連絡いたします。
■ 応募方法:以下のメールアドレスに、所属学部・学籍番号・氏名を明記の上ご連絡ください。
taoyaka-program(※)office.hiroshima-u.ac.jp  (※)を@に変換してご入力ください。
■ 参加費:無料
*ただし、昼食、往復フェリー運賃620円(忠海‐大久野島)、毒ガス資料館入館料100は個人負担となります。
■ 言 語:日本語・英語(通訳付き)
■ 集合場所・時間:10月18日(金) AM 8:15大学会館前バス停
■ スケジュール(予定):
8:15-9:30  広島大学(大学会館前)から忠海へ移動
9:40-9:55 フェリーで忠海港から大久野島へ移動
10:15-11:00 大久野島の自然について(ビジターセンター研修室)
11:00-12:00 大久野島の歴史について(毒ガス資料館)
12:00-13:00 昼食(島内)
13:00-13:40 うさ活について
13:48-14:00 フェリーで大久野島から忠海へ移動
14:20-15:30 忠海の住民の方へのヒアリング
15:45-16:30 大久野島の観光について(忠海港)
16:30-17:30 忠海から広島大学へ帰着
※時間は前後する可能性があります。

■お問い合わせ
 たおやかプログラム事務室
 taoyaka-program(※)office.hiroshima-u.ac.jp  (※)を@に変換してご入力ください。